自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2014.1.29 黒夢『黒と影』日本武道館

SE:ZERO

1.FAKE STAR

2.13 new ache

3.I HATE YOUR POPSTAR LIFE

4.SPOON&CAFFEINE

5.BARTER

6.解凍実験

7.カマキリ

8.MIND BREAKER

9.CAN'T SEE YARD

〜人時ベースソロ〜

10.gossip

11.ゲルニカ

12.アロン

13.MASTURBATING SMILE

14.suck me

15.C.Y.HEAD

16.CANDY

17.後遺症

18.sick


EN1

19.リバーブ(新曲)


EN2

20.棘

21.for dear

22.miss moonlight


EN3

23.ミザリー

24.少年


EN4

25.LIKE A ANGEL

 

まず初めに今回の武道館ライブまじで良かった!本当にかっこよかった!

ライブハウスでのライブにも負けないステージを見せてくれました。


まさに「黒夢」のライブでした。


今回の武道館は黒夢にとって最後の武道館って言われてたその意味が分かったし

清春さんが今回の武道館は2月のZEROよりも見に来たほうがいいよって言ってた理由も

分かった気がします。


黒夢」にこだわっているのは、黒夢の周辺にいる人達にすぎないのも

ステージ上の清春と人時を見ればよく理解できる。


そして、自分自身あの2人が笑顔でステージにたっている姿がとても嬉しい。

だからこそ、黒夢の答えを理解して、これからの2人を応援したいなって思えた。


黒夢という形式ではなくても、サッズでもソロでも、また別の形式でも

清春さんの事は永遠に追っていく事は変わらない。

清春さん向かうところが自分の全てだから。


正直、今回の武道館ライブで何を感じたとしても、自分の答えが

変わらないのも分かってた。


でも、今回ライブを見たことによって清春さんの答えが分かって

スッキリしたし、きっと清春さんが伝えたかった思いを、ちゃんと受け止めることが

できた事が嬉しい。

そして、次に進める事が嬉しい。


2月ZEROはどんな姿を見せてくれるのか?

今から楽しみで仕方ないです!


2014年1月29日 黒夢 日本武道館「黒と影」

本当にありがとう。

 

2018年現在、この記録を読み返して、この日のライブはとても良かった事を思い出した。

どうも武道館はチケットとの相性が悪いのか、なかなかアリーナ席が当たらず正面スタンドから見てたけど、とにかくあの日の情景で浮かんでくることが多いのです。