天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2014.2.23 清春『BLACK SENSE FESTIBAL』代々木第一体育館

SE.receive a revelation
1.少年
2.born to be wild
3.20th century boy
4.忘却の空

 

BLACK SENSE FESTIBALに行ってきました。もちろん目当ては清春さんです。

 

この日は雑誌の「SENSE」のイベントで、雑誌を買ったら無料の入場券がついてるのです。

何故かファンでもなんでもない知人を誘っていったのです。

 

もちろん冬だったので上着を着ていて、ロッカーに入れる必要もないと思ってたのですが、それが間違いでした。

清春の登場で一気に人が押し寄せるし、通常のライブのように詰め詰め状態。

上着を脱いで手に荷物を持ちながらという、ライブを見る上で最悪の状態でしたw

 

いきなり少年から始まり一気にテンションが上がり、Born To Be Wild,20th Century Boyと皆んなが知ってそうな曲を披露。

かっこよすぎでした。
清春さんが歌って、モデルさんが歩くという、初めて見る光景でした。

ファッションイベントと清春の融合は自然なもので違和感を感じることもなく思いっきり楽しめた時間でした。

 

そして最後にテリー伊藤さんからのリクエストで忘却の空!

また一気にテンションがあがる。

通常ライブのように汗かいて、わずかな時間だったにもかかわらず息切れするという(笑)

この日も清春をあまり知らない人も大勢来ているだろうから、みんなに清春を魅せつけたい!という気持ちが表に現れて熱くなりすぎてたかもしれない。

 

てか、これ無料で見れるとかやばくね?


カリスマがカリスマたる所以を見てもらえたと思うし、かっこよさが皆の印象に刻まれたと思う。


しかし、こおゆうイベントもテンションあがるな!

 

清春の出番が終わった後、会場を1周して帰ることにしたんだけど、一緒に行った知人は清春がどうのこうのというより、俺のパワーにびっくりしたようです。

何気に近くで見ていたらしく、清春が出てきたときの突っ込み具合とか、ライブ中の乗り方とか圧倒されたよと言ってました。

 

まだまだこんなもんじゃないから、通常のライブ一緒に行く?ってちゃんと布教活動もしたんですが、そこはあっさりと断られました。

やはりあまり縁のない人からすると、熱すぎてついていけないと思うようですw

ソロでそんな印象だったら黒夢とかサッズは怖い印象を持つのも分かる気がすると感じた日でしたw