天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2014.5.5 sads『Jewel Loves Rock Star』梅田クラブクアトロ

SE.Children of the revolution

01.HONEY

02.Hate

03.See a Pink Thin Cellophane

04.Metal Fur

05.WHAT'S FUNNY?

06.DEPRAVITY DAY

07.SPIN

08.GRAVE

09.WILD SIDE

10.WHITE HELL

11.FREEZE

~GOドラムソロ~

~K-A-Zギターソロ~

12.EVIL

13.FOR YOU

14.MAKING MOTHER FUCKER

15.ナイトメア

16.LIAR

17.AMARYLLIS


EN1

18.GOTHIC CIRCUS

19,SANDY


EN2

20.WASTED

21.Because

22.THANK YOU


EN3

23.TOO FAST TO DIE

24.Liberation

25.CRACKER'S BABY

 

黒夢の地獄の三夜の合間にブッ込まれたサッズのライブ。

発表されてすぐに大阪行きを決断したけど、同時に地獄の三夜について名古屋、大阪遠征は見合わせようかなと決断した時でもあった。

 

ちなみにこのライブも特に記録がなかったので思い出してみる。

 

とにかくこのライブは今となってはメチャクチャレアなライブとなったのはセトリ見てもらえれば分かると思う。

 

まず、SEからテンションあがりまくった。

このカバー何気に好きなんですよ。

そして、何と言ってもWHAT'S FUNNY?

当然、以前のサッズ時代でやっていたけど新しくなってからは初めて聞いた記憶があり、2018年現在、この日以来この曲をやった記憶はない。

そしてさらに、DEPRAVITY DAYも!

この曲はその後も数回聞いた気がします。

とは言ってもテンションあがりまくり!

 

また曲順もこんな流れでやったのはこのライブ以降ないように思える。

言い方は悪いがこの後はある程度は固定されたセトリを数年にも及んでやってるのでw

 

そんな特別感ありすぎるライブでもう暴れまくりで全体的にもグチャグチャで激しいライブを続けてた。

 

さらにアンコールでTOO FAST TO DIE。

これも復活して初めて聞いたし、この後、1回は聞いた記憶があるけど、とにかくレア!

 

細かいことはさすがに覚えてないけど、強烈な印象が残っているライブだったことは間違いないのです。

 

カリスマにますます汚染されている時期だったのがよく分かるライブ記録だw