自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2014.5.10 黒夢『黒夢vs氣志團』Zepp DiverCity

01.13 new ache
02.I HATE YOUR POPSTAR LIFE
03.A LULL IN THE RAIN
04.ゲルニカ
05.Reverb
06.MAD FLAVOR
07.少年
08.C.Y.HEAD
09.CANDY
10.SICK


黒夢氣志團 セッション
1.VENUS

 

もはや安定のセトリ以外無しという状態となってる。いつから感想を記録しているのでしょうか。

この日はこのライブの後に氣志團万博に関するイベントがあるとかで、そこに黒夢もゲスト出演するという事だった。

 

もはやライブ自体の記憶はほとんどなく、ただ氣志團ファンの人のコスプレはとても印象に残ってるのと、氣志團とセッションした時のカリスマのセットアップがかっこよかった記憶はある。

 

ライブも対バン形式でやる事はほとんどないので、ファンとしては気合を入れていったはずです。

 

セトリ見ると最初は勢いつけて、中盤はミディアムテンポ、後半は突っ込む系って感じなので、きっといわゆる黒夢のライブ通りに楽しんできたことでしょうw

氣志團のファンの方、特にコスプレしてる方々が黒夢の時に一緒にもみくちゃになって暴れてる姿が印象的です。

あれは一緒になって暴れてるのか、単に巻き込まれただけなのかは分かりません(笑)

 

黒夢が対バンやフェスに出て自分がそれに参加したのは、前回の大人のフェスが初めてで、とにかく黒夢のかっこよさ、ファンの気合いを見せつけてやろう!という感じで気合い入りまくりでした。

この頃からフェスも好きになってきたんです。特にアウェイがカリスマにもお似合いだなと思ってます。

 

このライブで終演後、ファン同士の交流というのを経験した事が非常に記憶に残ってます。

この日をきっかけにたくさんのファンの方と交流することになりました。

20年近くライブに通ってて、初めての経験です。SNS社会をリアルに経験した気がします。

 

どちらかというと古き良きものを大事にしたり、新しい事を拒絶しがちだった性格が少しずつではありますが、変わっていくきっかけにもなったと思います。

今となってはこのような状況は大歓迎ですから(笑)

このような事があるとライブだけじゃなく、それ以外の楽しみもできるし、こうやってライブ以外の事で記憶に残り良い思い出にもなってるので素晴らしいと思ってる!

 

やっぱり何事もやってみると発見があるんですよね!

 

THANK YOU