自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2014.6.17 sads『Evil 7 playground』HEAVEN'S ROCKさいたま新都心

01.HONEY

02.Hate

03.Metal Fur

04.ANDROGYNY INSANITY

05.Tell me what you lie

06.SATAN

07.PSYCHO GULLET

08.spin

09.GRAVE

~K-A-Zソロ~

~GOソロ~

10.FREEZE

11.MAKING MOTHER FUCKER

12.NIGHTMARE

13.DISCO

14.See a Pink Thin Cellophane

15.STUCK LIFE

16.WHITE HELL

17.AMARYLLIS


EN1

~くぼちゃんソロ~

18.EVIL

19.GOTHIC CIRCUS

20.SANDY


EN2

21.WASTED

22.Because

23.Liberation


EN3

24.THANK YOU

25.CRACKER'S BABY

 

確かこの日は奇跡の整番で5番とかだった気がする。でも仕事の都合上で開場に間に合わず入ったのは開演直前だったような。

 

まあ、暴れる分には最前より後ろの方が楽しかったりするから良いけどね。

セトリみると割と通常パターンって感じだけど、それでもこの時のライブは楽しかったと思う。

そういえばDISCOの掛け合いも結構やってたのこのツアーだったかな?

ソロでいうSLIDER的なw

 

そして、今は脱退したクボちゃんのソロがあったのもこのツアーだったか。

個人的には技術がどうとかというよりは、メンバーとしてアピールしてほしいなあという気持ちで見てたかな。

カリスマが苦言を呈してたのもこの頃だったけ?

 

こうやってセトリみると充実してるなあと今更ながらに思う。

ここ数年はマンネリすぎて飽きてきたというのが正直な気持ちだったけど、体力も衰えたりして曲数が少し減ってきた近年を考えると贅沢な事言ってたと思うようになる。

 

このライブとは関係ないけど、今日2018年、それ以降についてのサッズの活動について清春のインタビューがあがったのを見て、余計に貴重な時間だったと思えてきた。

 

一区切りつけるという2018年のツアーももしかしたらマンネリを感じたり、色んな感情が湧くこともあるだろうけど、未来には間違いなく美しく懐かしい過去になるので、その瞬間を常に楽しんでおかないと損するって感じる。

 

先の事なんてどうなるか分からないから、とにかく今を楽しむしかない!

 

また思い出した。

「今を、今を楽しんで生きてください!」