天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2014.7.19 黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.1『夢は鞭』Zepp名古屋

SE. ZERO

01.FAKE STAR

02.13 new ache

03.ROCK'N'ROLL GOD STAIR

04.I HATE YOUR POPSTAR LIFE

05.CLARITY

06.FREE LOVE, FREE SEX, FREE SPEECH

07.A LULL IN THE RAIN

08.heavenly

09.Love Me Do

10.ピストル

11.ゲルニカ

12.MIND BREAKER

~人時ソロ~

13.MASTURBATING SMILE

14.SPOON&CAFFEINE

15.BARTER

16.C.Y.HEAD

17.CANDY

18.ROCK'N'ROLL

19.後遺症

20.Sick


EN1

21.Happy Birthday

22.Miss MOONLIGHT

23.BEAMS


EN2

24.ミザリー

25.アロン

26,少年


EN3

27.Like A Angel

 

 

この日は黒夢のツアー初日であり、人時の誕生日でもあった。

まず物販の数の多さとミーグリと呼ばれるものの実施もあり、物販に並びしかも結構な金額を使ってしまった。

さらに偶然ネコTシャツ(アンディーくんTシャツ)を購入したが、その後あんなに流行るとは思いもよらなかったw

いまだに街を歩いてると黒夢のツアーT着てる人をみかけるのだが、以前からではあるがグッズのクオリティは相当高いと思う。

 

とにかくお祭り感のあるライブ前を過ごしたのだが、さらにこのツアーは全てオンタイムで始めるとの予告もあったのだが、開場は安定の押し。オンタイムは無理と思っていたらステージ上のスタッフさんの動きが早くまさかのほぼオンタイムw

 

この日は初日ということもあり、セトリも全く予想できずだった。

私の予想では「1曲目のFAKE STARは無い!それが清春らしい」と思っていたが、いい意味で予想に反してFAKE STARから始まった。

長年の流れがしみついているので、いきなりテンションMAX!

それから復活後の黒夢の曲が披露され、中盤で次のサプライズ!

なんと『ピストル』

ソロではライブでも聞いたことあったけど、黒夢として聞くのは初めて、会場もざわめきました。

黒夢の20周年というのを感じることができました。

後半は怒涛の暴れ曲のオンパレードで汗だくになりながら必死で暴れて必死で黒夢を感じてました。

 

アンコールでは、予想はしてたけど、人時へのバースデーケーキとそして『Happy Birthday』これもソロでは聞いたけど黒夢としては当然初めてライブで聞きました。

 

とにかく濃い!濃すぎる!

黒夢の20年をいきなり感じるライブでした。

そして終演後、とてつもない感動と喜びで行く予定のなかった仙台公演を追加することにしました。

もっともっと見たいという興奮が抑えきれなかったんだと思います。

 

そしてこのツアーから半年かけて50本以上のライブが始まり、そしてここから黒夢のステージの成長を見届けて行くことになるのです。