天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2014.9.14 黒夢『氣志團万博2014』

SE.Diary of a Madman

01.Sick
02.後遺症
03.CANDY
04.C.Y.HEAD
05.MIND BREAKER
06.少年
07.BEAMS
08.Like A Angel

 

 

この日は個人的に初めての野外フェス!

黒夢見たさに初参戦。

どうやって過ごせば良いかもわからずに適当に1人でフラフラしたり後ろの方で他のアーティスト見たりと、とにかく黒夢まで時間潰してる感満載の過ごし方をしてました。

 

他のアーティストで印象に残ってるのは、森高千里

一応世代といえば世代なんだよなー。

「飲もお〜」とか「ララサンシャインララサンシャイン」とか歌える曲いっぱいあって楽しかった。

あとは、ガゼット

ヴィジュアル系だけど、あまり聞いたこともなく初めて見たけどメッチャカッコ良かった!

ファンもヘドバンしたり一体感あって最高だった。

 

そんな感じで過ごし黒夢

黒夢の前がVAMPSだったかな?それなりに前の方を確保していざ!

 

SEのDiary of a Madman!

この曲からすでにあがりまくる。

黒夢の凄さを見せつけてやろ!って感じでワンマン以上に気合い入りまくり。

 

そして1曲目。野外で音も拾いにくく何の曲か分かんない。

と思ったらなんと「Sick」

いきなりすぎて暴れ遅れた(笑)

それでも最初からぶっ飛ばしすぎていきなり首痛めたりぐちゃぐちゃに(笑)

 

さらに「後遺症」「CANDY」「C.Y.HEAD」!

いつもの曲順が逆転してる感じ!

しかもこの強烈すぎる曲達で、あり得ないほど暴れまくりすでにぶっ倒れそうなくらいヘロヘロ。

それくらい凄まじい曲の連射だった。

 

そのあと「MIND BREAKER」では呼吸を整えて、この日1番印象に残ったのではないかという「少年」

なんとアコースティック!

しかも夕日が当たってとてつもなく美しい景色。夕日がカリスマを照らす演出。まさか図ったのではないかという時間を過ごした。

あの美しさは忘れることない。

 

そんな幸せな時間を過ごしてからの「BEAMS」そして「Like@Angel」

一体になって歌い黒夢を感じた。

2014年の黒夢を見せつけられたステージだった。

 

実は黒夢のあとは和田アキ子で見たかったんだけど、全ての力を使い果たしてフラフラの状態だったので、後ろに下がってぐったりw

 

この日は黒夢に全精力を注ぎ込むつもりで来ていたので、その通りになったかな。

 

そうして休憩してから最後の氣志團も少しだけ音聞いて帰りました(笑)

 

あと、黒夢は前日にイナズマロックフェスにも出演しており、連日のフェス出演でした。

この日も前日もアンディーくんTシャツを着ていたけど、これが好評でちょっとブームになった事実を捕捉しておきます。

 

人生初の野外フェス。

後にも先にも今のところこれだけしか参加してないです。

夏の終わりに楽しかった!