自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2014.10.30 黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.1『夢は鞭』新木場STUDIO COAST

SE.ZERO

01.FAKE STAR
02.I HATE YOUR POPSTAR LIFE
03.MARIA
04.ピストル
05.S・A・D
06.FREE LOVE,FREE SEX,FREE SPEECH
~傘がない~
07.REASON OF MYSELF
08.アロン
09.Glass Valley's Oar
10.heavenly
11.Love Me Do
~人時ソロ~
12.13 new ache
13.Someone
14.MASTURBATING SMILE
15.FASTER BEAT
16.HELLO,CP ISOLATION
17.C.Y.HEAD
18.後遺症
19.Sick

 

EN1
20.ミザリー
21.Spray
22.カマキリ

 

EN2
23.少年
24.ROCK'N'ROLL
25.CANDY

 

EN3
26.自閉症
27.棘
28.for dear
29.BEAMS
30.KINGDOM

 

EN4
31.NEEDLESS
32.Like A Angel

 

この日はツアー前半ラスト公演であり、なんといっても清春のバースデーライブ!

既にツアー当初に掲げていた全公演定時始まりは既に崩壊しており、安定の押しで始まった。

 

最初から飛ばしまくりでMARIAではモッシュしまくってる人もいたw

個人的にはMARIAは暴れる曲じゃないんだよなあ。

覚えてないけどSomeoneもやってたんだな。実はこの曲ひそかに好きな曲。

そしてC.Y.HEADの時に頭振りすぎて完全に首を痛めたのが分かったw

それでも後遺症と、Sickは暴れ倒したよ。

 

そしてアンコール。

またHappy Birthdayやるのかなあとか思っていたけど無かった。

しかし、バースデーケーキを運んできたのはなんとMorrieさん。

カリスマ照れまくりの緊張しまくりな感じでした。

Morrieさんとステージに立ってるとある意味カリスマが変貌するんですよね。

 

そんなお祝いもありつつ、アンコール4回目でこの流れを聞くことができました。

NEEDLESSそしてLike@Angel。

Drug Treatmentの流れそのまま。やはり何十年も聞いてきたので感慨深いものがある。

先日NEEDLESSが披露された時にも書いたけど、この曲の歌詞が当時若かりし自分の姿だった。

当時の自分含めた多くの人達の気持ちを清春が伝えてくれていた。

 

NEEDLESS

数えれる程 僅かなコイン握って
自由の街へ 向かう列車に飛び乗ってた

 

僕を押しつけて
離そうともしない
昔話好きな
大人から逃げたくて

 

NEEDLESS 理解もない 第三者の言葉
僕に関する事 口を挟むのが嫌いで

 

陽が落ちる頃 目当ての場所で歌った
思い描いていた感触とズレ始める

 

べつの有力者が
あの頃の僕より
高値をつけたがる
裏心振り乱す

 

NEEDLESS 野心もない 第三者の空気
僕に関する事 まるで人事だね

NEEDLESS 必要ない なのに騒ぎ立てる
僕が嫌がる事 もっと覚えて欲しかった

 

夢をごまかして
忘れた振りしてる
良くも悪くもない
単調な毎日へ

 

NEEDLESS 何時になれば 自由と呼べるだろう
僕に合わない物 Ah 消えて欲しい

NEEDLESS 関係ない 第三者が軽く
僕に関する事 口を出すのが耐えられない

 

 

黒夢はこの後、恐怖?のBOYS ONLYへ。

その前にもう1つイベントありますが(笑)