天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2014.12.13 黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.2『毒と華』京都FANJ

SE.ZERO
01.I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02.CLARITY
03.MIND BREAKER
04.Spazzy Addiction
05.FREE LOVE,FREE SEX,FREE SPEECH
06.A LULL IN THE RAIN
07.NITE & DAY
08.Merry X'mas,I Love You
09.Reverb
10.heavenly
11.Love Me Do
~人時ソロ~
12.BLACK HOLIDAY
13.LEAP
14.I Like You
15.BARTER
16.C.Y.HEAD
17.CANDY
18.Sick

 

EN1
19.HELLO,CP ISOLATION
20.Suck Me
21.BAD SPEED PLAY

 

EN2
22.優しい悲劇
23.アロン

 

EN3
24.Paraphilia
25.後遺症
26.KINGDOM

 

EN4
27.Like A Angel

 

黒夢ツアー再開後1本目の参戦は京都2日目でした。後半戦は前半とは違い復活後の曲も増え、2014年現在の黒夢を表現したものへと変化していってます。

前半戦は過去の黒夢のように1曲目のFAKE STARが当たり前でしたが、後半戦はI HATE YOUR POPSTAR LIFEから。

この曲も黒夢らしい曲だなって感じです。

FAKE STARで熱くなった人にとってはこの曲も刺さるんじゃないかと思う。

12月という事もあり、Merry X'mas,I Love Youも披露。

前半と演奏する曲が同じのも多いけど、ライブの構成が少し変わるだけで、同じ曲でも前半と後半では感じ方が異なったりするのでした。

 

最新曲のReverbも後半から披露されるようになり、徐々に成熟していくことになるんだろうなあと、進化を楽しみにしてました。

 

ベースソロ後も初登場のBLACK HOLIDAY、LEAP、I Like Youと復活後の曲が続く。

BLACK HOLIDAYはこの頃かなり好きな曲になっていたので楽しみにしてたのです。

結果的にあまり定着しなかった曲ではあるんです…

演奏される機会はツアー通しても少なかったと思います。

 

本編ラスト数曲は従来通りの連射。

C.Y HEADやらSickやら。

だいぶエネルギーが溜まってることから一気に爆発といった感じで、とてつもない暴れっぷりになってました。

後半戦始まってまだ数本だったけど、すでに後半戦のフォームが整ってきてる感じも受けました。

 

アンコールでは、これも後半戦からついに披露された優しい悲劇。

そしてそれに続くアロン。

新旧の曲でそれぞれ発売された当初は、そんなに重要な曲という認識は無かったけど、このツアーを通してこの2曲はかなり大事な曲になっていきました。

 

そしてKINGDOM。

王国を揺らして。

2月9日までに完全な王国を作り上げたいという想いを胸にラララ〜の合唱も参加しました。

 

そしてラストは天使の詩

これまで何回も聞いてきたこの曲でさえも感じ方が全く違うものでした。

清春と人時という2人の歴史を噛みしめる想いでLike@Angelを歌い、そしてこれからの未来を見続けていこうという気持ちを持ってました。

 

これからこのツアーがどんな締めくくりになるのか、フィナーレのカウントダウンが始まったのです。