自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2014.12.31 黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.2『毒と華』Zepp Nagoya

SE.ZERO
01.I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02.CLARITY
03.13 new ache
04.Someone
05.heavenly
06.FREE LOVE, FREE SEX,FREE SPEECH
07.くちづけ
08.A LULL IN THE RAIN
09.Love Me Do
10.アロン
~人時ソロ~
11.MASTURBATING SMILE
12.FASTER BEAT
13.Suck Me
カウントダウン
~Last Caress~
14.FAKE STAR
15.C.Y.HEAD
16.Sick


EN1
17.HELLO,CP ISOLATION
18.ROCK'N'ROLL
19.CANDY


EN2
20.優しい悲劇
21.ミザリー
22.棘
23.for dear


EN3
24.後遺症
25.KINGDOM


EN4
26.Like A Angel

 

2014年最後の日。

清春に全てを費やしたと言っても過言ではない年のファイナル。

テルチェックアウト後、大阪で1杯飲んでから特急電車?で名古屋へ。

 

この日はカウントダウンライブなので、開演も22時と予定されていた。

事前に友達と会う予定をしており、18時ごろから飲み始めることに。

ライブ前にすでに2軒目まで突入しており、かなりアルコールも入った状態になってしまったのです(笑)

ツイッターで状況を確認すると、相変わらず押していることも分かったので22時ごろまでは飲んでたw

 

そして会場に着いたのだけれど、相当アルコールがまわっている中で、最初はいつも通りI HATE YOUR POPSTAR LIFEでヘドバンしまくる余裕もあった。

しかし、密集地で苦しくなりもはやその場にいられないほど気持ち悪くなってしまいトイレにこもるはめにw

 トイレにこもりながらSuck Meが流れているのは記憶にある。

おそらくその前の段階からこもってるはずなので、MASTARBATING SMILEやFASTER BEATの時もトイレにいたはず。

 

そして何とか回復しカウントダウンには間に合ったのだが記憶はほぼない。

Last Caressが鳴り響いてFAKE STARが始まったことは朦朧とした中覚えている程度。

しかし、もはやかなりの後方でカウントダウンを迎えた非常に悲しいカウントダウンだったのである。完全に自業自得w

少なくともSickまでは後ろにいたのだけど、アンコール以降どこにいたのかはもはや記憶にはない。

 

ライブ終了後には完全に回復してたので、恐らくアンコールは普通通りに楽しんだはずなんだけど…

 

ライブ終了後、開演前に飲んでた友達と合流して話すると、友達も気分悪くなったらしい(笑)

 

しかし性懲りも無く終演後に飲み直すというw

結局、朝まで飲んで1月1日を過ごしたけど、ライブ三昧の2014年の最後がまさかアルコールの記憶で締めくくる事になるとはw

 

しかし、この日に学んだ。

ライブ前に飲みすぎてはいけない。

 

あと、この時過ごした友達との仲が非常に深まったこと。

かけがえのない財産を手に入れることができたのです。

 

2014年最高だったぜ!

 

今でもそお思える大切な年だった。