自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.2.7 黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.2『毒と華』岐阜clubG

SE.ZERO

01.I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02.CLARITY
03.A LULL IN THE RAIN
04.heavenly
05.Love Me Do
06.LET'S DANCE
07.SOLITUDE
08.黒と影
09.ゲルニカ
~人時ソロ~
10.Reverb
11.Starlet
12.MAD FLAVOR
13.MIND BREAKER
14.C.Y.HEAD
15.Sick


EN1
16.Glass Valley's Oar

17.優しい悲劇
18.アロン


EN2
19.Suck Me
20.CANDY
21.後遺症


EN3
22.棘
23.for dear
24.Miss MOONLIGHT


EN4
25.ミザリー
26.Spray
27.SEE YOU
28.BEAMS
29.Like A Angel

 

長かったツアーもついに残すは3本。

まずは清春と人時の出身地、岐阜での2days。

予想通りではあったけど、そもそもこの2daysのチケットは激戦。

FC先行で2日とも落選というショックを味わう。1枚は何とかモバイル先行でゲットしたけど、もう1日分は一般にかけることに。

しかし当然のごとくチケットは取れず。

 

早速オークションを見ると数枚出てたので、問答無用で1発決済w

倍くらいの金額だったかなw

色々と探すのも面倒だったのでお金で解決。

こおゆう奴がいるから、なかなか転売がなくならないんだなと今更ながらに思うが、当時は早くチケット確保したい一心だった。

それくらいその時の人生をしっかり生きてたのです。

 

そおいうわけで苦労?して無事に岐阜に降り立ったのです。

1年ぶり。

前年は滞在時間が数時間だったので、今回は少し岐阜の街も見ることができた。

 

昼過ぎに友達と合流してライブまで時間を潰し、いよいよラストスパート。

本編はこのツアーの集大成としての新しい黒夢を披露。

しっかりと噛み締める。

この日の清春はとことんカリスマだった。

 

アンコールでは名曲のフルコース的な曲達が並ぶ。特に最後のアンコールは凄すぎた。

ミザリー、Spray、SEE YOU、BEAMS、Like@Angel。

この5曲が立て続けに披露されているその瞬間を徹底的に味わってる。

この上ない時間。

これまでも何度も言ってるが、やはりSprayで清春と人時が同じお立ち台にのぼって肩組んで歌う姿は込み上げるものがあります。

特に、この岐阜の地でその姿を見ることが、また他の会場とは違った気持ちになり、涙がこぼれた。

この地で生まれこの地で育った2人が、一度は離れて再び生まれ育ったところで共演する姿。

黒夢のドラマを知る人達にとっては特別な思いにならないはずがないし、きっと2人にとっても、やはり他の会場とは違う思いがあったんだと感じるシーンでした。

 

前年は見ることができなかった岐阜でのLike@Angelも聞くことができて、心から素晴らしいと思える時間を過ごした。

 

終演後は岐阜の居酒屋で打ち上げ。

この日のライブについて熱く語り、飛騨牛を食すのでした。

岐阜初日は素晴らしい日!