自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.2.8 黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.2『毒と華』岐阜clubG

01.NITE & DAY

02.BLOODY VALENTINE
03.HYSTERIA'S
04.FREE LOVE,FREE SEX,FREE SPEECH
05.Walkin' on the edge
06.少年
07.MARIA
08.ゲルニカ
09.SOLITUDE
10.A LULL IN THE RAIN
11.黒と影
12.LET'S DANCE
~人時ソロ~
13.奴隷
14.Let's go down the street
15.heavenly
16.Love Me Do
17.ミザリー


EN1
18.解凍実験
19.CALLING
20.C.Y.HEAD
21.CANDY


EN2
22.後遺症
23.KINGDOM


EN3
24.ROCK'N'ROLL
25.棘
26.for dear


EN4
27.優しい悲劇
28.Miss MOONLIGHT
29.BEAMS

 

岐阜2日目。前日の打ち上げ終えて、お昼前に会場へ行き、最後になるであろう物販へ。

新作のDAY1Tシャツを買いに行った。

 

無事に購入した後は、友達と一緒に岐阜の街をフラフラしたり、ラーメン食べたりと少し岐阜の街を知りました。

岐阜城に行きたかったけどそこまでの時間は無かったので、次の機会にと。

 

そして、いよいよ黒夢20年最期のライブへと。

(翌日は21年目なのです)

この日は2日目ということで、何とアコースティック!

久しぶりに少年やMARIAを聞くことができた。

ベースソロまでがアコースティックだったのかな?記憶は曖昧。

 

いずれにしても本編はまったり全く汗もかかずにいた。

そしてアンコール1発目。

ここでまさかの解凍実験!

この曲がくるなんて完全に予想外すぎて突っ込む。さらにC.Y HEAD、CANDYでも大暴れw

解凍実験1曲で一瞬にして空気が変わったのです。

そしてアンコール2回目でKINGDOM。

この場に参加してる人の集まりが、本当の王国という感じがして、込み上げてくるものがあった。

明日のファイナルではやらない的な事を言ってて、このKINGDOMという曲はここでこそって感じの曲なんだと。

黒夢の王国を思いっきり感じて表現された素晴らしい時間だった。これまで積み上げてきた、まさに王国。

 

そしてこの日のラストはBEAMS

しかもLike@Angel終わりである必要もないよね的な話も少しあったのかな。

なんとなく納得はできたけど、実際この日のライブもとてつもなく良かったので、最後は天使で締めたかったと思っていました。

 

とはいっても20年最後。

とてつもなく素晴らしい時間。

最後の王国。

 

そして、翌日は21年目。

ファイナル。

約半年、自分も魂をささげた集大成。

後悔ないようにのぞみます。