天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2015.4.10 清春『MARDI GRAS』Mt.RAINER HALL

第1部

1.空
2.孤独を愛する人
3.やがて僕は拒絶する
4.2月
5.暗いくちづけ
6.REVOLVER
7.背中まで45分
8.カーテン
9.オーロラ
10.SITAR
11.ALSTROEMERIA
12.LAST SONG
13.FAIDIA


EN
14.the end
15.飛行船

 

 

第2部
1.GENTLE DARKNESS
2.SAD PAIN
3.サロメ
4.ストロベリー
5.忘却の空
6.LATE SHOW
7.Feeling High & Satisfied
8.sleep in the sky
9.the godsend
10.CRY OUT
11.EVERYTHING
12.MESSIAH
13.妖艶


EN
14.moment
15.麗しき日々よ

 

 

前回の黒夢から約2週間。お馴染みの渋谷へ戻ってきました。

しかし、この日は、というかこの数日はちょっと大変なのです。

 

実は4月10日は清春ソロで渋谷、4月11日は黒夢のアフターイベントで渋谷、4月12日はサッズで六本木なのです。

つまり清春の全ての活動が3日間連続で行われるのです。

 

今日は初日のソロ!という認識でもいました。

ライブについては正直覚えていないw

 

その分、翌日の黒夢のイベントについて書こうと思います。

このイベントというのは、ライブに参加した回数とグッズ購入時にもらう猫チケット(5000円につき1枚配布)の数で当落が決まるというもの。

僕はライブ30本と猫チケット20枚程だったでしょうか。

いっぱい貢献した順に整理番号も決まるというもので、ちょうど真ん中くらいの番号だったかな。

 

内容としてはトークイベントとプレゼントの抽選会、写真撮影という感じでした。

写真撮影時には少しお話をする機会があるので、洋服とかも選ぶのに気を使いました。

MADの服でも持ってれば良かったけど、もはや持ってなくw

とりあえず少しでも雰囲気出すためにレザーにワイドパンツ、ローファーというファッションでいきました。

スマートな大人スタイル(笑)

 

トークの内容なんてもはや記憶にもないです。プレゼントの抽選では、常連のファンの方で本当に清春のことが大好きな方が当たっていました!やっぱり気持ちは通じるものだなあと思います。

結果ってついてくるんですね。

好きな事に没頭すると成果って出るんですよね。

まさにこれからの生き方の理想。

 

そして、お待ちかねの写真撮影。

人時とは駅のホームで言葉を交わしたことはあるけど、清春とは初めて。

かなり緊張しました。

 

いざ順番がきてからの出来事。

清「でかっ!」

俺「あはは」

清「どおする?」

俺「普通な感じで」

清「ふつうー(笑)」

自分を真ん中に左に清春、右に人時で肩を組んで写真パシャり。

そのあと、人時と握手。

俺「お疲れ様でした」

人「ありがとね」

そして清春とも握手。

俺「興奮しました」

清「えっ(笑)ありがとう」

 

めちゃくちゃ緊張してまともに言葉すら交わすこともできなかった。今思うと、とてつもなく無難なやり取りw

しっかりしろ!と言いたいw

まあ初めての経験です。

場慣れしてる人たちはとてつもなく積極的で凄かったですね。

 

でも写真もらって今でも部屋に大事に飾ってます。

2014年、2015年と当時は全てをかけてのぞんだ黒夢ライブだったので、この日は写真という形となって一生思い出に残ることになる。

いろんな事を犠牲にして、通いまくった結果です。

これも大好きな事に没頭したから生まれた結果。

これからの人生の大きな経験の1つとなったと今は思える。

 

黒夢清春、人時)

本当にありがとうございました。