自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.4.11 sads『MAYHEM』EX THEATER ROPPONGI

01.HONEY
02.Hate
03.SATAN
04.VENOM
05.ACME
06.Tell me what you lie
07.spin
08.GRAVE
~K-A-Zソロ~
09.FREEZE
10.MAKING MOTHER FUCKER
11.NIGHTMARE
12.SILLY
~GOソロ~
13.DISCO
14.See A Pink Thin Cellophane
15.STUCK LIFE
16.WHITE HELL
17.AMARYLLIS


EN1
18.GOTHIC CIRCUS
19.SANDY
20.EVIL


EN2
21.WILD SIDE
22.WASTED
23.Because
24.Liberation


EN3
25.LIAR
26.THANK YOU
27.WEEKEND IN THE LUST
28.CRACKER'S BABY

 

清春ソロ、黒夢ときて最後のサッズ、夢の3形態3連続の最終日です。

この日は元々一緒に行く予定にしてた友達が突然キャンセルとなったため、全然ファンでもない友達を誘って一緒に行く事に。

 

最初は友達のことも気になってたんだけど、ライブ始まるともはやそんな事も忘れていた。

この日は撮影も入るとのアナウンスが!

映像化に期待も高まる。

 

そしてライブも最初からぶっ飛ばしまくり。

定番のHONEYとはいえ、普段以上に凄い雰囲気。

会場もかなりいい感じ。

VENOMでテンションあがり、そしてなんとACME

清春が自由にステージ上を動き歌う姿、そしてアレンジされたこの曲はとてつもなく印象に残ってる。

 

さらにK-A-ZのギターソロからのFREEZE、MAKING MOTHER FUCKER、NIGHTMAREの流れ。完全にぶっ飛んで暴れた。

そしてさらに次の曲はSILLY!

さらにテンションあがる。レアすぎる。

やっぱりCDより断然ライブが映えるサッズ!

 

さらにこのあとGOのドラムソロ。

構成も変わり新鮮。

ドラムソロからのDISCO。この日も掛け合いが絶好調!楽しすぎ。

そしてSee A Pink Thin CellophaneからのSTUCK LIFE。

ここでも完全に壊れてしまって暴走。

もはや止まらない状態でアドレナリンが出まくりの汗だくだく。

ラストのAMARYLLISまで完全燃焼。

 

アンコールも期待が高まる中、赤リップのカリスマ登場でGOTHIC CIRCUS。

前年からの演出で慣れてるもののとにかく楽しすぎるので盛り上がりまくり。

そしてSANDY、EVIL。

ここでも暴走モードはとまらず。

 

アンコール2回目はぶっ飛ばしゾーンでさらに汗だく状態。

アンコール3回目では後4曲っていうMCがあったけど、2曲終わったところでラスト!と(笑)

あれ?4曲って言った?という話があって1曲追加。

WEENEND IN THE LUST。やばやばやば!

もはや身体が動けるレベルではなかったので後方で揺れることに。

最後に備える。

 

そしてラスト!

カリスマの仰せの通り、突っ込む!

全ての力を使い果たした。

 

この日のセトリ振り返ると、レア曲もあり、往年の曲も出揃ったフルコース的な内容だと思ってる。

サッズも2018年で終了の発表がされてるけど、この日のライブはサッズ史上ベスト3に入るパフォーマンスだと思ってます。

 

ライブ後友達にどおだった?と聞くと、すげーーーって言ってくれました。

その言葉聞けて良かった。

 

夢の3日間をとてつもない充実間に溢れた状態で締めくくれました。

この先もうこんな日は来ないのかなあ…