自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.4.18 清春『MARDI GRAS』Mt.RAINIER HALL

第1部

01.枸橘
02.MY SILENCE
03.たったひとり
04.寡黙をくれた君と苦悩に満ちた僕
05.aimed blade at you
06.
07.あの日に帰りたい
08.シルエットロマンス
09.JUBILEE
10.ベロニカ
11.moment
12.sari
13.LAW'S


EN
14.adore
15.MELODIES

 

 

第2部

01.憂鬱という名の夢
02.五月雨
03.dance
04.真冬の華
05.YOU
06.rally
07.Third Eyes Trial
08.影絵
09.深い海
10.湖
11.tanatos
12.空白の世界
13.この孤独な景色を与えたまえ


EN
14.I know
15.涙が溢れる

 

最高すぎたサッズのライブから1週間。

また戻ってきました。Mt.RAINIER HALLへ。

この日のセットリスト見ると6曲目に抜けがあるではありませんか。

おそらく流れ的にカバー曲だったと思われます。

 

プラグレス公演は清春ソロ、黒夢、サッズ、そしてカバー曲と様々な曲が披露されるんだけど、音源化されてる曲なら全部分かるけど、さすがに清春カバーとして音源化されてない曲は分からない事が多いのです。

今このセットリストを見て抜けがあることに少々ショックを感じてますw

 

第2部のセトリは完全に自分好み。

憂鬱と言う名の夢から始まり、涙が溢れるで終わるという最高な流れ。

 

既出な気がしますが、何度でも言います。

 

涙が溢れるは清春の楽曲の中で1番好きな曲です。切ないメロディーの中に愛のある歌詞、幸せを感じる名曲だと思ってます。

この曲が披露されるだけで、個人的にはその日のライブは全て最高のものとなります。

もうすぐ清春がデビューして25年経ちますが、25年でナンバーワンです。

 

他にも湖やYOU、空白の世界、I knowという大好きな曲達もある。

おそらく第2部は寝ずに心震わせながら座っていたことでしょう。

 

このプラグレスライブの魅力は清春の歌を楽しむ事はもちろんだけど、とにかく幅広く曲がチョイスされてるので、なかなか聞くことのない曲を聞ける喜びもあります。

最近行ってないので、そのことに気付かされている今この瞬間です。

通ってた当時はほんとに寝すぎて困ってたんですけどw

 

今年はもうプラグレスの機会はないかもしれないけど、また来年から復活すると思うので、また見に行こう!