自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.5.23 清春『MARDI GRAS』Mt.RAINIER HALL

第2部

01.優しい悲劇
02.Love Song
03.枸橘
04.首輪
05.the godsend
06.情熱の影
07.サロメ
08.A LULL IN THE RAIN
09.slow
10.JUDIE
11.Love Me Do
12.ミザリー
13.LAW'S


EN
14.I know
15.涙が溢れる

 

 

これまでマウントレーニアでのライブに行く時は必ず1部2部両方とも行っていたけど、ついに2部だけ参加という事になりました。

めでたくもないけどw

この頃はあまりにもライブ中に寝すぎてたので、2公演より1公演の方が集中できるという判断での事だったと解釈することにします(笑)

 

セットリスト見ると、またしても『涙が溢れる』をやっています!

何度でも言います。

これだけでも至福です。

 

何度でも言います。

ぜひこの曲を聞いてください!

https://www.amazon.co.jp/涙が溢れる-sari-SINGLE-DVD-清春/dp/B00857ZAEG

 

ついまた熱くなってしまいました。

しかし、他の曲も良い!

だって『slow』もやってる!

この曲も始めて聞いた時から大好きで、清春も皆んな好きな曲でしょ?って言ってたことがある。

かなり好きなんだけど、演奏する機会は多くはない曲。

だからこそライブで演奏されるとテンションあがる。人間って勝手だなあw

 

黒夢のツアーの時にも書いたけど、VOL.1の後半でマンネリ化してるなどと贅沢な事を言ってたけど、今ある状況を普遍的に捉えてしまうとこのような考え方になってしまう。

有り難みが薄れるんですね。

 

そもそもプラグレスもこの時は60公演以上あったのかな?

自分の中で有り難みが薄れてた感はありました。

 

しかし今このセットリストを見ると、黒夢の曲もたくさん。

Love Songもやってるし、ミザリーも。

ソロ曲でもJUDIEききたいなあとか思ってるしw

ちょうど去年は色々と忙しくて近年稀に見るライブの少なさだったし、今年も前ほど行ってるわけではないので、過去のライブがかなり新鮮に映ってる。

 

またマウントレーニアにも行くことがあるはずなので、行ってみようと思う今日この頃。

 

最後に大好きな『涙が溢れる』の歌詞を見てほしい。

 

 

ねえ 明日が来なかったとしたら
ねえ 変わらず 君の事を感じているよ
ねえ 明日に夢、残せたら
詞うよ君を 伝わる様に 流れる様に

抱いていたい 会えるかも
美しい言葉達
最後は祈れるだろう
二度と無い瞬間に

ねえ 明日が来なかったとしたら
ねえ 今日だって君の事を想っていたい

抱いたら 会えるよね
愛しい天使達
帰したら、泣いているだろう
交わして笑ったままで 許したメロディー

忘却を果たす音がして
涙、ふいに溢れ出した
喝采はこれを消す程に
奇跡を今も願っていて

凍る雨のステージ 君は忘れないでいて
向かう先は天国 この夢は続いてゆく
響け雨のステージ もっと忘れないでいて
頬に伝うように 去って OH YEAH

愛していたい 出来るよね
眩しい言葉達
どうやって諦めるだろう?
笑って止まったままで 残したメロディー

忘却を果たす音がして
涙、ふいに溢れ合った
喝采を浴びた物語
僕らはきっと出会うだろう

凍る雨のステージ 君よ忘れないでいて
描く先は天国 嗚呼夢は此処にあった
届け雨の共鳴 今日も忘れないでいて
これを奪うなんて 出来ないよね?