自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.9.30 sads『THE VERSUS』赤坂BLITZ

01.HONEY
02.Hate
03.See A Pink Thin Cellophane
04.spin
05.May I Stay
06.FREEZE
~GOソロ~
~K-A-Zソロ~
07.GOTHIC CIRCUS
08.NIGHTMARE
09.Because with 葉月
10.WASTED
11.CRACKER'S BABY

 

この日はlynchとの対バン。

葉月としては願いが1つ叶ったのかな。

正直lynchは知らないけど、ファンもsadsもlynchも好きな人は多いからお得なツーマンです。

 

この対バン、いつも通りHONEYで始まり、Hate、See A Pink Thin Cellophaneといつもの流れ。

続いてこの年のサッズを象徴するspin、May I Stayと披露される。

それからFREEZEと続くのだけど、この後まさかのドラムソロ、ギターソロ。

対バンでソロコーナーがあるなんて珍しすぎるなあと思ったら、次の曲で理由が分かりました。

 

がっつりメイクの赤リップのカリスマ!

そしてGOTHIC CIRCUS!

メイクするための時間だったのね(笑)

そして、そのままNIGHTMAREで一気に人が押し寄せる。

 

テンションもあがり切ったところで、カリスマからのプレゼントというのか、葉月登場!

そしてBecause。

葉月の方が歌詞ちゃんと覚えてて歌えてるという(笑)

この2人が並んで、崇拝、天性、カリスマ!が最高だった。

 

もはや会場全体もスイッチ入って、WASTED!

暴走モード突入状態で突っ込みまくる。

息つく間も無く

『突っ込め、突っ込め、突っ込め』

lynchのファンも暴れるのは慣れてるし、そもそも若いから気使うことなく突っ込みまくるCRACKER'S BABY!

対バンの中ではがっつり大暴れした気分。

いつも通り汗だくの状態で終えて外で休憩。

【中古】THE 7 DEADLY SINS(初回生産限定盤)(DVD付)/SADS

価格:419円
(2018/7/19 16:45時点)
感想(0件)

 

一応lynchも初めてだったので、後方から見ることに。

デスボイスもあったり、普通に歌う声は若干ディルぽいところもあったり、カッコ良かった印象。

笑ったのは、『やりたいやりたい』みたいな曲w隣の女の子が楽しそうに叫んでた(笑)

その他はあまり覚えてはないんだけど、曲は激しいけど和やかな雰囲気の対バンだった。

セッションしたんだっけ?

 

いつか黒夢と共演できるといいねと思うとともに、清春フェスでも開催して、後輩達に夢を与えてください!

カリスマ!と思いながらこの日を終えました。