自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2015.10.3 清春『MARDI GRAS』Mt.RAINIER HALL

第2部

01.唯一遠くへ
02.たったひとり
03.And I can't feel nothing
04.FINALE
05.Beside you
06.桃色吐息
07.party
08.EDEN
09.Layra
10.lyrical
11.愛撫
12.sari
13.闇

https://blog.hatena.ne.jp/beppukannawa380/visualbangyao380angel.hatenadiary.jp/edit?entry=10257846132601311718#source


EN
14.君の事が
15.HORIZON

 

サッズ対バンから3日。お馴染みのマウントレーニアです。

この日も2部のみの参加。

1曲目は唯一遠くへ!

poetry 2 [ 清春 ]

価格:2,144円
(2018/7/19 16:46時点)
感想(0件)

poetryの1曲目でもあり、途中から好きになった曲。

初めて聞いたのは、第3の扉。

清春/kiyoharu 1st solo live「第三の扉」2003.12.5 渋谷公会堂【Blu-ray/邦楽】

価格:2,700円
(2018/7/19 16:48時点)
感想(0件)

しかも1曲目だった。

ある意味強烈な印象で開いた口が塞がらない的な状態になったのを覚えてる(笑)

この日は自然にこの曲が入ってきて心地良さもあった。

 

割とプラグレスの常連曲のような印象もある、And I can't feel nothing。

バンド形態でも力強さのある曲だけど、それはプラグレスになっても同様。

ほんとにカリスマの力強い歌声が響き渡る。

 

この日のカバーは高橋真梨子の桃色吐息。

この曲は何度か聞いたことがあるけど、まさにカリスマのカバー代表曲の1曲ではないかと思うほどに洗練されている。

この曲は明確に記憶に残ってる。

 

さらには、当時はまだタイトルは分からなかったEDEN。

そして、またしても大好きなLayra。

夏の時期にこの曲の涼しげなカリスマの姿も思い出される。

『AH〜麗らかで終わらないラプソディー』の歌詞が好きなんです。

 

その後も愛撫でまたしても力強いカリスマの歌声が響く。

この曲は音源化前のmonthly actで初めて聞いてからすぐに気に入った曲。

シングルカットもされた曲。

 

そしてsari。

この曲も大好きな曲の1つ。

しかし披露される事が多くはない曲。

音源化される前からプラグレスで披露されてるので、違和感は全くない。

むしろ音源の方が違った印象を受けたくらい。

この曲はカルメン調で、実は2018年の『夜、カルメンの詩集』のような雰囲気があり、ツアーでも披露されていた。

単純に嬉しい。

また、過去の曲がこうして現在の主要曲として披露されるのはキャリアあってこそか。

 

アンコールでは、またしても大好きな君の事が。

度々聞くことができる喜び。

そしてラストのHORIZON。

もう何度も聞いてはいるけど、その時その時で印象が違うのがカリスマのライブの醍醐味。

 

この日は個人的に誕生日前日。

天使の日の前日。

満足のいく日だったと記憶している。

プラグレスは自分の集中力でも、良し悪しがだいぶ変わってくるのです。

体調は万全にw