天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2015.10.29 清春『The Biithday』赤坂BLITZ

SE.WALK ON THE MOON

01.JUDIE
02.赤裸々
03.Feeling High & Satisfied
04.EDEN
05.club「HELL」
06.wednesday
07.Masquerade
08.fugitive
09.MELLOW
10.MOMENT
11.ベロニカ
12.バラ色の夢
13.妖艶
14.LAW'S
15.ALIEN MASKED CREATURE
16.COME HOME


EN1
17.FAIDIA
18.星座の夜
19.confusion


EN2
20.Tarantula
21.マークはバタフライ
22.HAPPY


EN3
23.麗しき日々よ
24.EMILY
25.あの詩を歌って

 

ハロウインライブからわずか5日。

カリスマの47回目のバースデーライブ。

久しぶりにソロの通常形態でのライブで楽しみにしていた。

 

UNDER THE SUN (CD+DVD) [ 清春 ]

価格:3,618円
(2018/7/19 17:08時点)
感想(3件)

SEでWALK ON THE MOONが流れ始める!

あがるね〜!

1曲目はJUDIE!

そして赤裸々、Feeling High & Satisfiedとサッズの曲が続く。

もはやソロの盛り上がる曲としてのポジションを確立している2曲です。

そして新曲のEDEN。

この曲も割と前からやってる曲なので、もはや新曲という感じもなく違和感もない。

 

さらにソロで定番化したMasqueradeも披露される。この曲もアレンジが変わっていてとても新鮮。いい感じです。

 

そんないい感じの雰囲気の中、とても嬉しい曲が!

FUGITIVE!

最高です。まだ音源化前とは言え、すでに何回も聞いてるし、通常形態では初なのかな?

相当好きです。

 

そしてMELLOW、MOMENTとこちらも随分前からやってる未発表曲が続く。

 

後半はソロ定番の妖艶!

この曲はTHE 清春!という曲。

カリスマならではの身のこなし、歌い方。

ダークな世界にも引き込みつつLAW'S。

そしてALIEN MASKED CREATURE、COME HOME。

サッズ、黒夢の再始動前はこの辺でかなりの押しがあったりしたけど、年々ソロのこの曲達での押しも減ってる気がする。

自分も以前は前の方で結構楽しんでたけど、ここ数年はソロは後ろでのんびり見てる。

その辺り、サッズが終わることでまた変化があったりするのだろうか?

 

アンコールではソロの名曲FAIDIAが披露される。この曲も長く愛されてる優しい曲。

そして星座の夜、confusionというこの頃には割と定番な流れ。

ソロの盛り上げどこかな。

 

2回目のアンコールでは、ハッピーバースデーのギターが!

そしてケーキを運んできたのはGOさん!!!!

GOさんが来たのは純粋に嬉しかった。

GOさんて本当にカリスマ好きなんだろうなあって思う。

ほのぼのした空気感で過ごす時間。

ソロならでは。

HAPPYはいつもHAPPYなんだけど、この日はちょーHAPPYかな?

楽しかった。

 

ラストは麗しき日々よ、EMILY、あの詩を歌ってという流れで締める。

 

この翌年に発売されるソロアルバムはSOLOISTというタイトルであることが決まっており、ツアーも決定している。

 

アーティスト清春のバンド形態が再び動き出すための狼煙を上げた日にもなった。

 

まだまだ若いですよ!カリスマ!

47歳のあなたの姿も忘れません。