自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2018.8.3 sads『FALLING』HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3

OP.GOドラムソロ

01.freely

02.gone

03.far away

04.tell me what you lie

05.spin

〜K-A-Zソロ〜

06.ache

07.May I Stay

08.falling down

09.breathless

10.WIZARD

11.GHOST

12.ロザリオと薔薇

13.Darkness Is My Spiral Mind

14.Because

 

EN

15.LIAR

16.ID POP

17.SANDY

 

EN2

18.Liberation

19.THANK YOU

20.DEPRAVITY DAY

21.smily sadly

 

赤坂のツアー初日に行ったものの、ニューアルバム中心のライブは初!

普段ならめちゃくちゃ楽しみにしてるはずなのに…

とにかく仕事が気になりすぎて、ライブに参加する前から行くのやめようかなと思うほどにw

とりあえず会場近くまで着くものの仕事の電話も半端ないw

ほんとテンション下がってなんとか会場へ。

CDだけすぐ買って中に入ったわけだが、時間はすでに開演予定時刻を15分ほど過ぎていた。

 

会場に入ってほんとすぐにライブが始まる。

もっと押すと思ってたから間に合って良かった。

とりあえずポジションは後ろの方にいたのだが、あまり前に詰め寄ることもなく、とりあえずは後ろで待機。

赤坂と同じようにGOが登場しドラムソロへ!

スポーティーなスタイル(笑)

このツアーはこの始まり方でいくんだね。

そしてメンバー登場!

K-A-ZもYUTAROもめっちゃ楽そうな服装。

そんな中カリスマはくそかっこいい!

白のレイヤードシャツにサングラス、多分下はワイドパンツかなあ。

 

そして始まったのは赤坂でやってた新曲。

freelyという曲。

この曲はめちゃくちゃかっこいい!

同期とか打ち込みも使っててまさに新しいサッズのロックンロール!

なんか既にみんなが歌うようなシーンもあった。まだニューアルバムの曲やって2回なのに、ファンも覚えるの早いなw

 

続いてgone、far awayという新曲が続く。

ミドルテンポの曲でgoneはSATANに少し近い印象をもったかな。

far awayは今のところ忘れちゃったなw

CD聴きこまなきゃw

 

その後tell me what you lie、spinと続く。

なんとなくアレンジ変わってる気がした。

CD聴いたらアレンジ全然違うし。

まさにアルバムにあわせたバージョン。

ここまで変化させてくるのにびっくり。

 

そしてK-A-Zのギターソロへ。

いつもの泣けるやつ。

ここは安定ですね。

しかしライブ全体の雰囲気にはあってる感じ。

 

後半も新曲で始まる。acheという曲。

赤坂でやってた曲だし、アルバムの動画にも使われてた曲。

まだまだ聴きこんでいかないとw

今までとのギャップがあるから、すんなり入ってこないんだよね。

清春の曲はそういうの多いからw

 

そしてMay I Stay!

なんかいい感じじゃない?

これもアレンジ違うかな?

CD聴くとこれも完全にアルバムにあわせたアレンジ。

すごい良かった気がする。

なんか今回のツアーの中心になれそうな感じがした。

 

そして新曲。falling down。

これから聴いてみなきゃw

 

さらにbreathless。

これも今まで演奏してたのとは少し変えてるのかな?なんとなく違う印象がある。

 

さあこれでアルバムの曲は1曲残してやったわけだが、次にきたのは何とWIZARD!

ちょっと前に行く人がいたけど、そんな曲でもないw

今の雰囲気の流れを考えた選曲かな。

何年ぶり?

もしかしたらソロで聞いた可能性あるけど、そうじゃなきゃ15年ぶりとか?

 

続けてGHOST!

これもアレンジ変わってるし、ちょい分からなかったw

きっと他にも同じように思った人いただろうな。

何か全体的に一体感なかったもんw

悪い意味ではなく、単純に客がついていけてない感じの印象。もちろん前方にいる常連さんは別ねw

 

そしてロザリオと薔薇、Darkness Is My Spiral Mind、Becauseと赤坂と同じ流れ。

しかし、ダークネスw

色んな見方ができるけど、なんかこの日は自分的にライブに入り込めてなくて、かなり冷静な感じで見てたので、ぶっちゃけ笑ってしまったwそんな自分にもどかしさも感じたw

残念…

まぁでもそんな時もあるし、その時その時の素直な感想を残しておくのも良いね。

このツアーを通じて自分の中での変化を楽しむこともできるから。

ラストはBecause。ここで思いっきり前に突っ込む。しかし、あんま暴れてない??

こんなものなのか?

それとも全体的に曲を味わうことに徹して、反応できてないのか。

いずれにしても空振りしてしまった感が満載で

結局テンションあげることができず。

 

この日のライブがどうのこうのじゃなくて、この日の自分は何もかも忘れてグチャグチャになりたかったんだろうなと実感。

逆に良いテンションで行ければ、きっと今のサッズの世界にどっぷり浸かって満足できることもあるだろう。

 

アンコールは一変するのかな?

と少し期待もありLIARから始まる。

まだまだw

乗り切れないw

ID POPは少しあがったかな?

そしてSANDY。

後ろから突っ込んできてめっちゃ押してきた奴がいた!

おっ!この感じがちょい嬉しい(笑)

おかげで少しテンションあがったし、エンジンかかりそうな感触は得た。

 

次のアンコールではLiberation!

この時に友達が近くにきて暴れてる!!!

これを見て完全にスイッチ入った!

もう周りがどうとか関係なしに突っ込んだし頭振るし、ここまで体力ほぼ使ってないから、自分の中でとてつもない力が溢れてるのを感じた!めちゃくちゃスッキリ!

我を忘れんばかり。

続いてTHANK YOU!

ここでも同様!

めちゃくちゃ楽しいゾーン!

何も考えずにとにかく暴れる。

楽しすぎてたまらん!

きっと友達のおかげ!

救われた。

 

そして、東條さんが好きだった曲、DEPRAVITY DAY。

これまで何回か聞いたことあったけど、また感じ方が違うかな。

 

そしてラストsmily sadly。

昨日見た感じではよく分からないw

ほんと自分の気持ち次第ってところかな。

CDで聴くといい感じに思えたので、次回に期待かな。

 

全体的に音がいまいちだった気がしたのと、とにかく自分のテンションがライブに入り込めてなかったのがとにかく残念。

しばらく行く予定がないので、CDをリピートしながら次を楽しみに待ってるよ!

 

最後のサッズのツアー!

悔いなく楽しまないとね!

13 [ サッズ ]

価格:2,250円
(2018/8/16 02:30時点)
感想(0件)