天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2015.11.28 清春『MARDI GRAS』Mt.RAINIER HALL

第2部

01.2月

02.空
03.情熱の影
04.slow
05.カーネーション
06.Layra
07.堕落
08.YOU
09.lyrical
10.影絵
11.cold rain
12.Masquerade
13.空白の世界


EN
14.romancia
15.涙が溢れる

 

2月28日に始まった渋谷マウントレーニアでのプラグレスもこの日でファイナル。

9ヶ月間で66公演という超人的な本数。

緊張感持って参加した。

 

注目の1曲目は2月。

ソロではかなり重宝されてる。

デビューも2月という事も関係しているのか、清春にとって2月はキーワードなのかもしれない。

 

このファイナルは大好きな曲が多い。

slow、Layra、YOUなどじっくりと聞きたい曲達が披露される。

さらに影絵。

『影』というフレーズも清春の曲のキーワードになることが多い。

影絵もセカンドアルバムmellowに収録されていたが、当時よりも心に染みる。

 

そして本編ラストは空白の世界。

『愛なんていらない、でも愛してる』

印象的な歌詞と壮大な夕暮れの情景が脳裏に浮かぶ曲。

 

そしてアンコールではromancia。

2015年は黒夢のロングツアーが終わり、プラグレスのロング公演も終わるのだが、それにふさわしい曲。

2015年を総括するかのようなromancia。

最後にラララ〜の合唱。

とてつもなく良い雰囲気で最後の曲へ。

 

涙が溢れる。

大切な曲。

涙が溢れる/sari [ 清春 ]

価格:1,212円
(2018/7/19 15:41時点)
感想(0件)

この曲でこの1年間のメインの活動が終わる。

あまりの本数の多さに、チケット無駄にしたり、途中で寝たりする事も多々あったw

本数的にはたくさん行ったわけではないから、黒夢ツアーに比べると個人的な達成感は大きくはないけど、ずっと通い続けてきた仲間達を見ると、この66本の貴重さを共有することができ、麗しき日々だったことが想像される。

 

最後に歌い終えた後、スタンディングオベーションが起こり、ファンの企画でお花(胡蝶蘭?百合?)を掲げる姿が印象的。

初めてみる光景。

この日は立ち見で後ろから見ていたのでよく見えたが、ファンの想いも詰まったいい光景だった。

9ヶ月間66本お疲れ様でした。

正直な想いです。

 

そしてこの後、黒夢広島公演以来の打ち上げへ。

初めての人も結構いて微妙な感じではあった(笑)それも1つの経験として楽しく過ごせたよ。

しかも始発までw

なかなかこんな事もない。

2015年、残り1ヶ月あるものの、すでに充実した年だったことを実感していた。

 

しかし、2015年残り1ヶ月さらに充実することになる。