天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

イタリア旅行 第2章『到着』

さあ、いよいよカタール航空の飛行機に搭乗し、出発するわけだ。

22時間にも及ぶ長旅。

まずドーハまで約11時間、そこから乗り継ぎ便の出発まで約5時間、そしてドーハからローマまで約6時間。

 

当初乗る予定だったアリタリア航空の飛行機について気になる点を挙げていたが、当然カタール航空でも同様に気になる。

下記のような点だ。

1.座席の間隔はどのくらいあるのか

2.コンセントはあるか?(PC利用したかったので)

3.スマホの充電はできるのか?

4.アリタリア航空ってどうなの?

(変更になったので、カタール航空どうなの?って事に変わる)

 

事前にネットの評価を見てみると明らかに評価はいい感じをうける。

しかしとにかく座席の部分が1番気になる。

自分は身長183センチで割と足は長い方だと言われる事が多く、身体がかたいので狭いのはとに苦手w

 

では、気になる点の結果を発表しよう。

 

1.座席の間隔はどのくらいあるのか?

エコノミーなので快適な広さかと言われると、さすがにそれは無いが、個人的にとてつもなく苦痛を感じるかと言われると全く無かった。

足はしっかり伸ばせるし、シートに体育座りもできる。

国内線のエコノミーより広いんじゃないかな?

近くに座ってた女性であぐらかいて着席されてる方もいました。

 

2.コンセントはあるか?

コンセントは無かったが、USBの差込口があったのでスマホの充電はできました。

これはかなり良かった!

 

3.2の解答の通り、USBがあったのでスマホの充電はできました。

補足ですが、帰りの便もカタール航空でUSBの差込口はあったのだが、手持ちのUSBではサイズが合わないのか使用できなかった。

また、帰りはヴェネチアからドーハまでの乗り継ぎだったのですが、その飛行機にはコンセントはもちろんUSBの差込口と無かった。

 

4.カタール航空ってどうなの?

まず、機内食は総合的に美味しい!

前菜は日本では無いような味付けのサラダで、苦手だったかな。

スタッフの対応は素晴らしい!

日本語の対応を出来る方もいるし、とにかく丁寧な対応。

朝食の時にドリンクでハイネケンを注文したのだが、朝食なので今は無いと言われて、お水にしたのだが、その後何分かしてわざわざハイネケンを届けてくれた。

ちゃんと覚えて対応してくれたことが嬉しかった。

ドリンクや軽食を持って巡回もしているが、ドリンクや軽食は頼めばいつでも持ってきてもらえる。お酒いっぱい飲みたかったけど、気持ち悪くなるのは避けたいので控えめにw

世界有数の航空会社と言われてるようだが、納得できる。

 

このように満足度の高い飛行機で向かうわけだが、時間に関してはどうにもならないw

機内では登場して、1時間後くらいには1回目の機内食、割と早めに消灯。

モニターがあり、音楽聞けたり、映画を見たり、ゲームをしたりもできる。

それぞれ機体によって中身は違うようだ。

音楽、映画に関しては洋画。

ゲームについてはテトリス、オセロ、インベーダーなど種類は15種類はあったかな?

 

自分は持ち込んだ本を読んだり、ちょっとゲームしたりして、後は寝ていた。

大体トータルで5時間くらいは寝れたんじゃないかな。

 

そして大きなストレスを感じることなく11時間のフライトを終えドーハに到着。

現地時間で午前3時過ぎ。

飛行機の乗り継ぎは初めてです。

荷物の受け取りなどはない。

どうやって進むのか心配だったけど、周りの人についていけば大体わかる。

目印としてはtransfer又はtransitというのが乗り継ぎの事らしいので、その看板を目印に進めば良いことが分かった。

 

進んで行くと手荷物検査に辿り着く。

特に入国審査のようなものは無い。

手荷物検査をパスすると、後は通常と同じで、搭乗ゲートを調べて行けばよいだけ。

難しい事はない。

ただし、ドーハの空港(ハマド国際空港)はめちゃくちゃ広いので、乗り継ぎ便の確認はしっかりと行う必要がある。

ちなみに、乗り継ぎ便の航空券は、最初の飛行機のチェックイン時にもらえる。

 

すでに家を出発して24時間以上たってるわけで

お風呂も入れてないし、気持ち悪さが残る。

とりあえず機内でもらった歯ブラシで歯磨き。歯磨き粉も入ってました。

さすがに髭剃りは無かったけど、機内に髭剃りって持ち込めるのかな?

個人的に大事なポイント(笑)

 

搭乗ゲートも確認して、さあこれからどうしよう。約5時間w

トイレなど済ませて少し大きめのソファーで1時間くらい休み、空港内をブラブラしてみた。

f:id:beppukannawa380:20180820164344j:image

ブランドショップや免税店も当然ある。

飲食店に関してはBarのようなとこが結構あり、営業していた。

しばらくしてフードコートを発見したので、そこで休むことに。

コンビニみたいなのや、バーガーキング、麺、カフェなど6店舗ほど入っていたと思う。

どこも値段がドーハの通貨の表記なので全く分からないwせめてドル表記でもしてくれれば良いのにw

ドリンク2つとサンドイッチ1つ頼む。会計時にレジに置いてあったポテトチップスも置かれた。

ん???これはくれたのか???

ほんと何も知らないw

もちろん営業だったw

買ってしまったよw

しかもめっちゃ少量なのに、200円以上w

日本だったら50円くらいw

そもそもドリンク2、サンドイッチ1、ポテトチップス1だけで3000円程かかってたw

あり得ないw

高く見積もっても日本なら半分w

空港価格というのもあるんだろうけど、物価は相当高いんだろう。

 

しかし外を見ながらゆったりとコーヒー飲みながらのんびりと過ごせた。

ちょうどドーハの日の出も見れた。

f:id:beppukannawa380:20180820164119j:image

時間は現地時間で午前7時ごろ。

搭乗ゲートに向かい搭乗を待つ。

これがまた中々呼ばれないw

出発予定時刻の10分ほど前から搭乗が始まる。

搭乗するにも順番があるようで、航空チケット記載のzoonの順番で入っていくようだ。

zoon1とかzoon2とか書いてあるのだが、そもそも言葉がわからないので、どの呼び出しなのかも分からないw

まぁ特に支障はない。

 

無事に乗り継ぎ便に搭乗し、これから約6時間のフライト。

機内は最初の飛行機と同じだったので割と快適!ちゃんと充電もできました!

やったぜい!

おそらく4時間くらいは寝ていたと思う。

疲れもあって身体が少し痛いくらいだったが、無事にローマに到着したのである。

 

さぁ22時間かけてやっと到着しました。

初っぱなからトラブルはあったものの、想像してたよりも苦痛なく到着できたことが良かった。

カタール航空ナイスです!

 

次回からいよいよ旅のスタートである!

チャオ☺️