天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

イタリア旅行 第3章『ローマ1日目』

さあついにローマに到着しました。

現地時間で午後13時15分。

到着ロビーからは離れていたためバスに乗って移動。

ここからどうすれば良いか分からないw

到着ロビーと思ってきたのに、それらしくない。電車のぽいのが走ってる。

 

なんだこれ?

 

これに乗ればいいのか?

 

周りに日本人でもいれば良かったのだが、周りは全員外国人。

とりあえず乗ってみるしかないかw

いざ乗ってみると到着ロビーに着いた!

 

正解だった!

 

いきなりホッとしたよw

 

ビビリなものでw

 

そして入国審査。

今はパスポートを機械で読み取って自動で顔の認証を行うんですね。

最後に海外行ったのが5、6年前だけど、やはり時代の流れの早さを感じる。

 

審査後、荷物の受け取りへ。

掲示板を見て荷物の流れてくるレーンを見つけた!これだけでも嬉しい(笑)

 

そうすると、なんと1番最初に妻のキャリーが流れてきた!

 

1番とはやるじゃん(笑)

 

俺の荷物も早くこい!

 

しかし全然こないw

もはや周りに人が少なくなった頃にようやく流れてきた。

そして、キャリーの足が1つ取れているw

元々壊れかけてはいたけど、運ぶだけで取れてしまうなんてw

紛失じゃないからまぁ良い。

 

とりあえず壊れたキャリーを引きずり、お迎えの方を見つけることに。

H.I.Sという紙を持ったおっちゃんが立っていた。そこにちゃんと名前も書いてあった。

この人がホテルまで連れて行ってくれる!

 

よっしゃ!

 

一緒に連れて行かれる日本人の旅行者の方がいらっしゃって少しお話をした。

ご夫婦と小学生くらいの子供で来ていて、やはりアリタリア航空のトラブルに巻き込まれたらしい。

ローマは1日しか予定してないようで、みる時間も無いと言っていた。

そしてもう1組、20代くらいの男の子2人組でしたが、特に会話することもなかった。

 

その3組でドライバーさんのベンツにてホテルまで移動。

ローマで1番大きい駅?であるテルミニ駅周辺にホテルがあるので、いざ出発!

 

早速、家族で来ていたおっちゃんが写真を撮りまくっている。

ここにはもう戻って来ないわけで、確かに写真撮っておくべきだったw

車から見える景色は日本で言う田舎の景色。山や畑に囲まれている。

ところどころに変わった建物が目に付くのが海外にいることを感じさせてくれる。

 

だいたい30分くらいだろうか?

ホテルに到着。

降りようとしたらストップかけられた。

ん?

なんで?

後ろに3人家族が座っていたから後ろの人からなのかなと思い、3人が降りてから、再び降りようとすると、またストップw

なんで????

 

どうやらホテルが違うらしい。

それぞれホテルが違うということが分かったw

 

そのあと、男2人組のホテルへ行き、最後に我々のホテルへ。

午後3時過ぎごろだったかな。無事にホテルへ到達。

マッシーモ・ダゼリオというホテル!

 

https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g187791-d229029-Reviews-Bettoja_Hotel_Massimo_D_Azeglio-Rome_Lazio.html

 

レトロな雰囲気のあるホテル。

清潔感はしっかりとあります!

チェックイン時に翌日の朝食がある事を知らされる。元々は到着日の朝の朝食だけだったが、トラブルがあったので、融通をきかせてくれたのか、それとも1食分の朝食がついているという事だったのか。

いずれにしても良かった!

 

無事にチェックインを済ませ、お部屋に到着。

天井高い!

f:id:beppukannawa380:20180820165350j:image

広さは8畳くらいはあるかな?

シングルベッド2台、お風呂、トイレ、洗面台の3点ユニットだが広々としているし、清潔感もある!

ベッドの近くにコンセントが無いのと、部屋のスリッパが無いのが残念だったけど、たいした問題でも無い。

 

部屋に入って、割とすぐにシャワーを浴びて、出かける準備!

とにかくローマは時間がない!

チェックインから1時間ほどでお出掛け!

 

素早い!!!

 

8日の午後に予定していたトレヴィの泉へ。

ホテルから歩いて20分くらいの距離だったので、歩いていくことに。

正直、下調べは何もしてないので別に期待もしてなかったけど、めっちゃ凄かった!

f:id:beppukannawa380:20180820174842j:image
f:id:beppukannawa380:20180820174838j:image
f:id:beppukannawa380:20180820174833j:image

一体なんなんだこれは???

何でここが観光名所になってるのか、元々どんな役割を果たしていたのかなど、一切知らないw

背景を知ればもっと色んな感情が湧いてくるのかもしれないが、そんなの無くてもインパクトは絶大!

世界遺産を堪能した。

また、世界中から大勢の観光客が来ているようで賑わいようが楽しい。

 

そしてトレヴィの泉にはコインを投げ入れるという儀式があるそうです。

 

トレヴィの泉を背にして、目を閉じて右手で左の肩ごしにコインを投げる。
1回行うと、もう一度ローマに戻ってくることができると言われています。

2回行うと、愛する人と出会うことができるらしいです。

3回行うと、愛する人と結婚ができるといわれてるようです。

 

せっかくなので1回やっておきました。

 

近くにはジェラート屋さんがたくさんあり、せっかくだから食べることにした。

特大のやつ!

f:id:beppukannawa380:20180820175309j:image

3段になってるの。もっといい写真撮れば良かったw

迫力が伝わらなすぎるw

メロン味、ティラミス、ピスタチオだったかな。

大きくてシャビシャビしてて美味しかった!

これがイタリア初めての食。

 

かなりのレベルで満足したので、続いてはスペイン広場へ!

トレヴィの泉から歩いて10分もかからない!

よっしゃ近い!

ここはローマの休日の舞台になったとこ?

見てないから知りませんw

 

さてさて。

どんなとこなのかな。

f:id:beppukannawa380:20180820203043j:image

いきなり馬がいた。馬車的な感じのようだ。

やはり日本とは全く雰囲気が違う。

f:id:beppukannawa380:20180820203418j:image

これは一体何だろう?

f:id:beppukannawa380:20180820203518j:image

そしてこれがローマの休日のスポットらしい。

きっと知ってる人の感動は計り知れないのだろう。

 

とりあえずこの階段を上の方まで登ると、おっさんが薔薇を持って話しかけてきた。

どうやらくれるようだ。

しかしこれが詐欺みたいなもんで、くれたんじゃなくて買えって事らしい。

金払えとか言ってきたw

 

よく分からないから小銭渡してその場から離れようとしたが、札をよこせって感じで迫ってきた。

もはやシカトして花置いてその場を離れた。

刺激的だw

こういうことを普通にやってるんだということを学んだ。

皆さまご注意下さい(笑)

タダでくれるなんて気前のいい人はいません。

薔薇以外にも色んなものを同じパターンで売ってきますよw

 

おそらくメインの場所を満喫し、周りに揃うブランドショップへ。

有名どころのグッチやプラダなど色々と行ってみたわけだが、とにかく店がでかいのと、メンズとレディースで店舗も分かれてる。

さすが本場を感じる。

 

服のコレクションも多くて見ていて楽しかった。日本だと小物やアクセサリーがメインになってしまうからね。

このエリアで1つだけ、メゾンマルジェラに行きたくて行ったわけだが、小さくて商品も少なくてすぐ出たw

表参道のマルジェラの方が大きいw

残念。

 

ブランドショップ巡りも終えると時間は現地時間で午後7時半ごろ。

めっちゃ明るいw

日本ならまだ午後4時とか5時レベル。

ローマ初のディナーを食べようと店を探す。

とりあえずネットで調べたとこに行ったわけだが、まず場所が遠すぎて疲れた。

ようやく着いたと思ったら、予約してないから入れないwww

 

肉体的な疲労がありすぎて、もはや無言状態。

若干イライラして一旦ホテルに戻ってホテルの近くで食べようとする。

帰りも完全に無言。

旅行の楽しい雰囲気は一切ないw

 

時間は午後8時過ぎ。

さすがに暗くなってはいたが、それでも日の長さを実感した。

一旦ホテルに着いて30分くらい休憩して、再度近場で探すことに。

ホテルから歩いて数分のレストランを発見。

 

通りにテーブルのある店を非常に多く見てきて、こういうとこで食べたいなあと思っていたのたが、ちょうどそのようなお店だったのだ。

 

よっしゃ!

 

座って早速メニューを選ぶ。

初日だしやっぱりワインだよな!

スパークリングが好きなので注文したのだが、高い方が絶対オススメ!って感じのニュアンスで言ってきたので、30ユーロくらいのにした。

f:id:beppukannawa380:20180821090629j:image

 

さらにモッツアレラチーズとチーズの盛り合わせ的なのをつまみで頼んだ。

f:id:beppukannawa380:20180821090744j:imagef:id:beppukannawa380:20180821090749j:image

あまりチーズとか食べないから正直美味しいのかどうかは分からないw

そんなに好きでもないしw

しかし、雰囲気は良いし、普段食べないものを食べてる事に旅行感が出てるので満足(笑)

 

メインはパスタ。

やはり食べておかないとね!

f:id:beppukannawa380:20180821091017j:imagef:id:beppukannawa380:20180821091021j:image

このカルボナーラがメチャクチャうまかったわけだ。

日本のカルボナーラってクリームスープの中にパスタが入ってて、いかにも乳製品ってイメージだけど、イタリアのは全然違う。

たまごに麺がしっかりと絡まっていて、しっかりとした味付けで乳製品ぽさは全くない。

日本のカルボナーラはほとんど食べない自分がメチャクチャ美味い!と思った。

 

妻はこの日を境にイタリアのカルボナーラ最高と言っている。

 

そして自分はアラビアータだったかな?

まぁ割とよくある感じだけど、ちょっと濃厚な感じで美味かった。

 

食事中でもスペイン広場で花を渡してきた人のように、詐欺まがいに商品を買わせようとする人がいっぱい話しかけてきたが、店の人が追い払ったり、こちらもシステムを理解したのでシカトして害はなかった(笑)

 

こうしてローマ初の食事を満喫して午後11時ごろにはホテルに戻り、無事に初日を終えるのであった。

動き出してわすか6時間くらいだけど満足度の高い日となりました。