自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

イタリア旅行 第4章『ローマ2日目』

前日はぐっすり寝て、ローマ2日目。

7時ごろに目が覚め、まずは朝食。

ビュッフェ形式。

スクランブルエッグやベーコンの定番メニューがあり、パンの種類がめちゃくちゃ豊富。

ケーキのようなものもある。

f:id:beppukannawa380:20180822103059j:image

f:id:beppukannawa380:20180822103102j:image

ヨーグルト、フルーツもたっぷりと。

とても好みで充実してる印象。

たっぷりと朝食を食べて、早くも出発の準備。

 

チェックアウト時に荷物をホテルに預かってもらえるか確認するために、英語を調べるw

「Can you keep my luggage?」

快くOK!

 

9時ごろに無事にチェックアウトを済ませ、ローマでのメインであるコロッセオへ向かう。

テルミニ駅から地下鉄B線というのに乗って2駅でコロッセオ駅へ!

掲示をちゃんと見ながら行けばそんなに迷うこともなく改札へ。

 

切符を買うのも特に難しい事はない。

改札もくぐり、さあコロッセオへ!

と思ったら電車乗り間違えたw

反対方向に乗ってしまったので、次の駅で降りてすぐに乗り換えw

すぐに気付いて良かった。

仕切り直してコロッセオ駅に到着!

 

改札を出ると目の前に早速コロッセオ

うお!

うお!

うおー!

f:id:beppukannawa380:20180822095342j:image

世界遺産の迫力ってすごい!

写真だけではこの迫力は分からない。

全く建物など関心もない自分が驚き、とてつもない衝動に駆り立てられた。

 

時間は10時過ぎ。

この日は15時30分ごろにはフィレンツェ行きの電車に乗らなければならないので、早めに動く。既に物凄い数の人で周辺は溢れている。

中に入るためのチケットを買うために行列もできている。

2時間くらいは待たなければいけない模様。

ちゃんと妻がチケットを事前に取っていたので、購入列とは別に入場口へ向かう。

 

しかし、ここでトラブルがw

チケットをみせて入ろうとすると入れさせてくれない。

 

ん???

 

いったい何が?

 

どうやら予約はしているが、なんと予約したチケットは14時から入場できるチケットらしいwww

 

なんと!!!

 

電車は変更できないと聞いているので、さすがに14時だと厳しい。

とりあえず外観だけで我慢しようとすぐに諦めた。

しかし妻の機嫌がめちゃくちゃ悪いw

自分がミスったんだから仕方ないだろうと思うのだが、とにかく切れてるw

意地でも中に入りたいらしい。

とはいえ、チケット買うのに2時間も並びたないw

そうするとローマパスというのを買えば入れるとの事。

近くでローマパスを購入できることを探す事に。コロッセオから5分くらい歩いたところにローマパス売場と思われる場所を発見!

 

これで買えなかったらコロッセオは諦め。

おそるおそる

「ローマパストゥー(2枚)」

なんと普通に買えた!

一気に機嫌を取り戻した妻。

f:id:beppukannawa380:20180822101632j:image

これがあると、コロッセオやその周辺のフォロロマーノ、パラティーノの丘、そして地下鉄にも乗れるらしい。

 

とにかく入場口へリベンジ。

すんなり入れた!

荷物検査などもあり、いよいよ奥へと進む。

 

入ってよかった!

ありがとう!

f:id:beppukannawa380:20180822102104j:image

f:id:beppukannawa380:20180822103257j:image

歴史もよく知らない。

いったい何のために使われていたのかも、いつ建てられたのかも、とにかく何も知らない。

ただ、見るだけで凄い。

それで十分な気がする。

ガイドさんや説明の機械などあるが個人的には一切不要。

自分で感じろ!

 

余談ではあるが、妻のリュックに入れていた水の蓋が外れていたリュックが水浸し。

リュックに入れていた、今後に必要な大事なチケットも濡れる始末。

蓋くらいちゃんと締めれば済む話w

このあまりに注意力のない妻に呆れるという場面があった。

せっかくのコロッセオなのに(笑)

 

そして全体を見渡すと、どうやらさらに上まで行けるようだ。

早速階段を見つけ上まで行く。

f:id:beppukannawa380:20180822102724j:image
f:id:beppukannawa380:20180822102720j:image

下から見る景色とは全く違う。

写真で見たことのある古代ローマ

聖闘士星矢もこれをモデルにしてるんだろうけど、まさにそのものだ。

 

もうちょっと上もあるようだけど、そこは別枠で無いと入れないのかな?

相当疲れていたし、満足はしたのであまり追求はせず。

入って本当によかった!

ローマパスありがとう!

諦めなかった妻ナイス!

 

続いてフォロ・ロマーノにも入ろうとすぐ隣に移動する。

朝よりもさらに人が増えている。

また、スペイン広場にいたような詐欺まがいの商売も大勢している(笑)

やたらフレンドリーな黒人に危うく騙されそうにもなった(笑)

わずか数分の移動でもネタは尽きない。

 

そしてフォロ・ロマーノへ。

しかし、行列を作っている。

 

またチケット列か?

ふふふ。ローマパス持ってる俺には関係かいけど!と勝ち誇った感じで列の横を進んでいく。

受付の方に行くと、まさかの事態が。

 

ローマパスは行列の方に並んでくれとw

 

えええええええええええええええw

なんてことだw

しかし時間もあるし、ガイドブック見て興味もあったので、ここは並ぶことを決断!

 

ただ、めちゃくちゃ暑い😵

 

干からびる…

 

なんとか暑さによる拷問に耐えて40分くらい。

ついに中に入ります。

そして広がる世界が凄い。

f:id:beppukannawa380:20180822135934j:image

f:id:beppukannawa380:20180822135939j:image

完全に1つの町がここにはあった。

まさに古代ローマの遺跡なのか。

コロッセオとともに魅力される。

相当広い敷地ではあるが頑張って歩くほど興味をそそられている。

 

若干の坂はあるものの、歩きづらいということもなくスムーズには歩けます。

しかし、とにかく暑いw

 

途中で自販機があり休憩を挟みながら歩く。

全てが新鮮であり、これまで見たことのない景色。

とても満足のいく場所だった。

 

時間は既に13時。

暑いし歩き疲れたので、テルミニ駅に戻ってお昼を食べてフィレンツェに向かうことに。

 

荷物を受け取り、ホテルで30分ほど休憩してからテルミニ駅周辺を少し歩いて、大きなフードコートで昼食。

前日の夜はパスタを食べたのでピザにしよう!

f:id:beppukannawa380:20180822142023j:image

このピザがまた大きい。値段は8ユーロ。

日本で宅配ピザ食べるよりよっぽど安い。

大きいし、しかもうまい!!!!!

フードコートをなめていたw

 

ピザ生地もこんがり焼けていて、日本で言えばクリスピーぽい生地に近いのかもしれないが、厚みもあってボリューム満点。

1枚で十分すぎる昼食です。

そしてビールはかかせないです(笑)

 

フードコートも非常に大きくもう少し滞在して色々と食べて見たかったのが正直な感想。

 

そして電車の時間が近づいてきたので、駅に戻り電車を待つ。新幹線的なのかな?

既にチケットは紙ベースで持っており、どうやらそれを見せれば入れるようだ。

電光掲示板に乗り場も数字で表示されるので特に迷うこともなかった。

f:id:beppukannawa380:20180822143450j:image

割と普通の電車なんだけど、2対2の向かい合わせの席で、座席は対面で取られていた。

真ん中にテーブルを挟んでいるのだが、そのテーブルにはゴミ箱もついている優れものだった。

 

最初は4人がけの席に我々2人だったのだが、次の駅で大きな犬を連れたイタリア人女性が乗ってきて、我々2人、イタリア人そして犬という組み合わせにw

そんなに害はなかったが、犬と過ごす電車の旅は初めてで若干の緊張感はあった(笑)

f:id:beppukannawa380:20180822144143j:image

約1時間半後にフィレンツェに到着するわけである。

 

こうして2日間、時間にしたら24時間のローマの旅を終えたのである。