自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2016.2.20 清春 TOUR天使の詩2016『21』HEAVEN'S ROCK熊谷VJ-1

01.ナザリー

02.夢心地メロディー
03.EDEN
04.DIARY
05.ロラ
06.QUIET LIFE
07.瑠璃色
08.MELLOW
09.MOMENT
10.RUBY
11.Masquerade
12.wednesday
13.club HELL
14.妖艶
15.ALIEN MASKED CREATURE
16.COME HOME


EN1
17.BUNNY SMILE
18.星座の夜
19.confusion


EN2
20.マークはバタフライ
21.SANDY
22.HAPPY


EN3
23.EMILY
24.あの詩を歌って

 

実は熊谷は初上陸。

何気に近いんだけど、たまたまライブが開催される機会が無くて行ってなかった。

そんな熊谷は雨。

しかも結構降ってた記憶。

 

開場少し前に着いたので整理番号通りに入ったら、かなり前の方が取れる感じだったけど、疲れるから壁際の適当なところをゲットw

昔は腰が痛くても頑張って前の方に行ってたのになあ(笑)

 

ライブは基本いつも通り。

ただ、前回の柏よりも良くなってた気がする。

声もしっかり出てた。

久しぶりの場所だからカリスマも気合い入ってたのかな?

カリスマは場所とか人の入りとかによってほんと気合いの入れどころが変わるのです。

好きなライブハウスと言ってるところのライブは良いイメージがある。

熊谷は結構前にソロでもやってたし、確か黒夢の時からやってた気がするから思い入れもあるのかな。

本当に良かった。

 

アンコールではお久しぶりのBUNNY SMILE。

この曲はSADSの13ツアーの時に新曲としてやってたけど、アレンジは全く違う。

『僕はブギー ダイヤ 蜥蝪、君はルビー ベーゼ ルージュ』

このフレーズから高い声が鳴り響く。

女子はこおゆうの好きだよねw

その後は安定の星座の夜、そしてconfusion。

 

星座の夜もずいぶん長いことやってるけど、ちょいちょいアレンジを変えつつ定着している曲。ソロしかやってなかった時はこの曲もテンションあがってたなあ。

 

アンコール2回目ではマークはバタフライ。

壁に寄りかかりながら、地味に手を叩いて自分の姿を思い出すw

腰が痛いのですw

そしてSANDY、HAPPYと続くがこの日のこの2曲はかなり良かった。

今のところ1番良かったんじゃないかな?

 

ラストはこれまた安定のEMILY、あの詩を歌って。

最後に『これを奪うなんてできないよね』と…

大好きな涙が溢れるの歌詞。

 

全体的にもかなり良いライブだったんじゃないないかな?

少なくとも自分が行ったなかでは1番。

熊谷素敵な日になった。

 

そして急ぎで帰りの電車に乗り込む。

熊谷は新幹線も通ってるけど普通電車です。

 

 

SOLOIST [ 清春 ]

価格:2,693円
(2018/7/26 15:19時点)
感想(0件)