自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2016.3.11 清春 TOUR 天使の詩 2016『21』渋谷 CLUB QUATTRO

01.ナザリー

02.夢心地メロディー
03.EDEN
04.DIARY
05.ロラ
06.QUIET LIFE
07.瑠璃色
08.MELLOW
09.MOMENT
10.RUBY
11.Masquerade
12.wednesday
13.ROOM
14.20th century boy
15.confusion
16.ALIEN MASKED CREATURE
17.COME HOME


EN1
18.JUDIE
19.ベロニカ
20.loved


EN2
21.赤裸々
22.SANDY
23.HAPPY
24.麗しき日々よ
25.EMILY
26.あの詩を歌って

 

ツアーの1つではあるが、何気に久しぶりのFC限定ライブ。

この日はそんなに体調が良くもなかったので楽に見れるようにバーカウンターに寄りかかってみることに。

しかし、渋谷クアトロ鬼門のとも言える柱でカリスマの姿があまり見えない。

しかし、楽な態勢で見ることができるため、見切り席のような感じで見ることにした。

 

前半は大体同じ感じで進んでいく。

FC限定ならではの、いつもよりさらにグダグダなMCもありつつ、ROOMが披露される。

これもサッズの13ツアーの時披露された曲の1つ。ソロ名義で音源化されているものの、ライブでやるのはかなり久しぶりなはず。

 

さらに20th century boyもフルコーラス!

かなりいい感じ!

途中で、ヒステリックブルーの『なぜ?』もフルコーラスではないにせよ、長めにやったりと楽しめる内容だった。

なぜ?って曲はサポートでドラムたたいてる、楠瀬拓哉が作ったとのこと。

それは知らなかった。

いい曲作るんですね。

 

そして、ラスト2曲のALIEN MASKED CREATUREでようやく中のフロアに入っていき、ちょっと暴れてみる(笑)

COME HOMEでもおもいっきり手をあげてフロアの熱気を感じてきた。

わずか2曲だけでも相当に楽しめた。

 

本編を終えて、再びバーカウンターの前に移動して楽にするw

そしてこの日のサプライズとも言うべきアンコール1回目でのloved!!!

通常バージョン聞くのは相当久しぶり。

この曲もとてつもなく好きな曲なのです。

この日はlovedが聞けただけで満足できたと確信しました。

 

このあと、アンコール2回目で赤裸々、SANDY、HAPPYと続くのだけど、もはや満足しきっていたので、前に行かず余韻に浸るような感じで聞いていた。

 

HAPPYのあと、そのまま楽屋に戻らずに、おそらく3回目のアンコール用として、麗しき日々よ、EMILY、あの詩を歌ってで締める。

 

何度も言うが、この日はlovedが全て。

この1曲でとにかくお腹いっぱい。

素晴らしいFC公演!

いい記憶が残るFCライブだった。

 

SOLOIST [ 清春 ]

価格:2,693円
(2018/7/26 15:19時点)
感想(0件)