自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

イタリア旅行 第8章『ヴェネチア1日目』

ついにヴェネチアに到着!

駅から出ると早速景色は水路!!!

 

すごい!

 

感動!

f:id:beppukannawa380:20180826123325j:image

f:id:beppukannawa380:20180826123329j:image

こんな町が存在するなんて。

ここから水上バスに乗ってヴェネチアのメインとなるリアルト橋の方へ向かうのだが、もうこの場所には戻って来ないので、少しだけ周辺を見渡した。

 

そして水上バスに乗るわけだが、ゆっくりと見て乗り場を確かめたり、行き先を確かめたりと少々迷うw

チケット買うにも24時間乗り放題とか、48時間乗り放題とか、そんなチケットしかないのかな?

よく分からなかったので24時間乗り放題のチケットを買う。

そして乗り場に入る時、肩にかけていたバッグが触られた感じ。

しかも後ろから突っ込んで来られて。

 

スリか!!!!!!

 

割と若い女だった。

速攻で中を確認したが何も取られてはいない。

とりあえずホッとしたが、やはり油断ならない事を認識した。

 

しかし無事に水上バスに乗り2駅いったところがリアルト橋。

見慣れない景色に魅了されながら、10分弱で到着。

f:id:beppukannawa380:20180826131755j:image

迫力がある!

ここからホテルまで歩いて5分くらいのようなのでまずはホテルに向かう。

とにかくこの街は迷路だw

f:id:beppukannawa380:20180826132418j:image

こんな裏路地みたいなところが普通に道としてみんなが歩いてる。

最初ナビに従って歩いてたけど、間違ってるんじゃないかとか、危険な場所に迷い込んでしまったのかと思ったw

 

しかしこれが普通。

 

このような道を通り、また小さな橋がいくつもありそこを越えて無事にホテルへ到着。

結構グニャグニャと歩いたけど、実はほぼ1本道のシンプルな行き方があり、それだと5分弱で着くのです。

f:id:beppukannawa380:20180826132610j:image

ホテル・ヴェッラ・ヴェネチアです。

建物はほとんど水路に面しているのです。

浸水してるようなとこもあったw

 

早速チェックインするとフロントマンの方がめちゃくちゃ良い人!

ヴェネチアの名所を教えてくれたり、空港までの行き方やどのくらいの時間に出発すれば良いかまで教えてくれた。

あと、スリが多いので注意するようにと。

やっぱりそおだったのか!!!

早速被害にあいそうだったよw

 

さらに荷物もボーイの方を呼んで部屋まで運んでくれるし、サービス満点、めちゃくちゃ好印象のホテルです!

f:id:beppukannawa380:20180826143824j:image

部屋に入ると、窓から水路が見える!

いい雰囲気。

 

広い!

 

ここは湯船はなくシャワーだが、何の問題もない。

そしてこのホテルはガウンもスリッパもある!!

もう最高じゃん!!!

https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g187870-d628667-Reviews-Hotel_Bella_Venezia-Venice_Veneto.html

確実にオススメできる!

 

少しホテルで休み、午後7時前。

まだまだヴェネチアは明るい。

少し出掛けてみる。

 

とりあえず歩いていると既にお店は閉まってるとこも多いが、めちゃくちゃ好みのお店を発見!

これは翌日に絶対行きたい!

メモメモ。

 

そして家族のお土産を買うためにルイヴィトンへ。

もうここで買うしかないので、キーケースの事を尋ねると、もはや2種類しか出てこなかったw

ダミエと定番のモノグラムw

他を探すわけにもいかないので2点購入。

父と母用である。

f:id:beppukannawa380:20180826143005j:image

しかし営業時間が午後7時半までだったようで、定員さんが慌ただしく時間を気にしながら動いているw

完全に早く終わらせたいオーラ満載(笑)

自由で良いね(笑)

I'm sorry to be late.

最後は笑顔でお別れをして無事にお土産購入!

翌日は妻の家族のものを買いに来るw

 

時間は7時半過ぎだが、まだまだ明るい。

ちょうど近くに名所であるサン・マルコ広場へ。

特にどんなとこかも全く調べてなかったが、行ってみるとびっくり!!!!

f:id:beppukannawa380:20180826143500j:image

f:id:beppukannawa380:20180826143648j:image

めちゃくちゃ雰囲気良くて、建物もカッコいい!

サイドにはカフェのテラス席がたくさん並んでいる。

本当に良いところだ。

さらに進んでいくと海沿いに辿り着く。

f:id:beppukannawa380:20180826144259j:image

f:id:beppukannawa380:20180826144305j:image

f:id:beppukannawa380:20180826144315j:image

f:id:beppukannawa380:20180826144320j:image

景色が素晴らしい。

正直、街としては1番のインパクト!

そんなに期待していなかったヴェネチアだが、全てにおいて楽しみになってきた。

 

まだまだ色々と見て回ろうとしてたところ、妻が足をひきずって歩き出した。

どうしたのか聞いてみると、フィレンツェの階段を登ってから徐々に痛くなり始め、ピークに達してきたとw

まだ、翌日もあるし一度ホテルに戻ることに。

もう午後9時で辺りは暗くなっていた。

帰りに夕食のお店を見ながら帰っていると、それなりに良さそうなお店で店員さんに声をかけられたので、目星はついた。

ヴェネチアは魚介が有名なので、魚介類のメニューがしっかりしたお店を狙っていた。

 

一度ホテルでゆっくりする。先ほど声をかけられたお店を調べると評判はまぁ割と普通だったが、ここでいいかなって感じのお店だった。

午後10時ごろに夕食のために外出。

 

そうすると何とホテルの目の前にもレストランが。外からメニュー見ると魚介のパスタなんかもあるし、妻の足も痛いし、ここにしよう!

即決(笑)

 

雰囲気も悪くはない。

早速注文をする。

まずはビール!

とにかくビールが最高にうまい!

 

そしてサラダと魚介パスタ、そしてイカスミ!

f:id:beppukannawa380:20180826145303j:image

f:id:beppukannawa380:20180826145309j:image

f:id:beppukannawa380:20180826145322j:image

美味い!!!

やっぱり麺が美味いんだよなあ。

もう何度もパスタを食べているが全く飽きない。

最高だよ!

 

そして、イタリア4日目にして、有名なアペロールを飲むことに。

f:id:beppukannawa380:20180826145552j:image

オレンジをベースとしているのだが、ハーブの香りなどもする。

日本の女性は好きそうな感じだった。

 

最後にデザートも食べてなかったのでティラミスを注文。

f:id:beppukannawa380:20180826150020j:image

冷凍されてたのかな(笑)

まぁ普通w

しかし、ヴェネチアの食をしっかりと堪能できた。かなり満足度が高い。

 

こうして午後11時過ぎに再び目の前のホテルに戻り翌日に備える。さぁ妻の膝は治るのか?

翌日は買い物からスタートする予定なので、朝は少しのんびりできるのです。

ヴェネチアとにかく楽しみで仕方ないよ。