天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

イタリア旅行 第11章『帰国』

8月13日、現地時間で午後2時頃にマルコ・ポーロ空港に到着したわけだが、まだ出発には3時間以上ある。

まずは免税の手続きをするために、手続き場所を探す。

これまで海外には行ってるし、買い物もそれなりにしたことがあるのだが、還付の手続きなどしたことがないw

損をしてたのだろうか?

 

イタリアは消費税が22パーセントのようで、そのうち14パーセントも還付があるようだ。

 

これはでかい!!!

 

早速発見して、お店でもらった書類を一式渡すと、どうやら窓口に行った店舗では取り扱いできないのもあるらしい。

取り扱いできないものに関しては向かいの店舗のようでした。

 

購入した時の書類を見てみると、Global Blueと書いてあり、店舗もGlobal Blueというところでした。

恐らくここが大きなとこなんだと思われます。

最初に行ったところは、還付を現金かクレジットカードどっちが良いか聞いてきたので現金でもらいました。

 

続いてGlobal Blueの方へ行くと、出発の3時間前からしか受け付けしないと言われたw

めんどくさいw

仕方なく時間を潰そうとするのだが、この空港は店が1つしかないw

そんなに行きたいわけでもないので、昼ご飯も食べてないが、とりあえずベンチに座って待つ。

一応、お土産の値段だけ確認したが、確かにスーパーと比べると2倍近く高かったw

改めてナイスチョイスをしたことを実感(笑)

 

30分くらい時間を潰して再びGlobal Blueへ行くと、そこのスタッフがめちゃくちゃ手際が悪いw言葉が通じないのもあるけどひどいw

挙げ句の果てにはこちらが渡したクレジットカードを他人に渡そうとしたw

急いで静止したよw

そもそも現金で還付かクレジットカードで還付かも聞かれてないw

ほんとヤバイスタッフさんだった。

30分近く手続きに時間を要したが恐らく無事にできてるのだろうw

結果はカードの明細を見ないと分からないわけだが。

 

いずれにしても手続きを終え、チェックインを行う。中に入ると少しお店が増えて、フードコートのようなとこがあったので、そこで休憩してお昼にすることに。

これが本当に最後のイタリアでの食事。

f:id:beppukannawa380:20180829152733j:image

ピザとカルボナーラと魚のムニエル的なやつ。

魚が金額書いてなくて値段を聞いたつもりだったが異常に高くボッタクられた気分(笑)

まぁそれなりにマズくはなかったけど。

ただ、全体的に美味しくもない(笑)

 

そしていよいよ出発の時間。

f:id:beppukannawa380:20180829153102j:image

この素晴らしいイタリアの地に別れを告げる時。

f:id:beppukannawa380:20180829153129j:image

 

さあ、ここからロングフライト。

まずはドーハまで約6時間。

到着は現地時間の午前1時。

そして乗り継ぎまで2時間程の時間があり、ドーハから成田まで約10時間。

行きの飛行機ではそんなに苦痛を感じなかったので、今回はあまり気にしてなかったが、乗ってみると機体の古いやつなのか、行きの飛行機よりも狭いw

 

つら…

 

しかし6時間だし我慢しようと思えるw

 

ただこの後さらなる悲劇が。

 

機内食のメニューでチキンカレーがあったので、頼んだわけだが飛行機の中で急に胃のあたりが痛くなる。

 

かなりの苦痛…

 

カレーが原因かどうかは分からないけど、数ヶ月前に体調を崩しており、完璧に治っていないのであれば原因はカレーであると想像される。

しばらく苦しみそのままの状態でドーハに到着。現地時間午前1時。

 

ドーハ出発は午前3時20分。何とかそれまでにはおさまってほしい。

どこかでグッタリしたい。

搭乗口の側で誰もいない席があったので、そこで横になることに。

f:id:beppukannawa380:20180830093708j:image

少し楽になる態勢です(笑)

ギリギリまでこの状態でいると、痛みは割とおさまった。

少し安心して飛行機に搭乗する。

 

そして気になる飛行機は?

 

よっしゃ!

 

行きと同じ機体で大きい!

USBもある!

しかも3人掛けの椅子だが自分と妻しかいない!

苦痛を感じずに済みそうだ!

 

しかし!

 

なんとUSBがちゃんとささらないw

サイズとかあるのか?

スマホの充電ができずガッカリw

朝から充電できてないのでもはや電池もないのです。

とはいえ、機体が広めのが最も大事なので良しとしよう!

 

現地時間午前3時半頃。

いよいよ成田に向けて出発。

f:id:beppukannawa380:20180830094358j:image

ところが、登場して割とすぐにまたしても胃痛が…

ここで席の利点を発揮!

妻の席にも侵入して、またしても横になることができたのだ!

そのおかげで、しばらくしたら回復!

それまで機内食などは食べずにいたが、無事に食べれるようにもなった。

とはいえアルコールは控えるようにした。

そこが残念なとこw

 

到着まで約3時間くらいになった頃、モニターの方に目を向けて驚いた。

f:id:beppukannawa380:20180830094935j:image

地図に地名が表示されている。

日本ではFukuoka、Osaka、Kochiと表示されている。

 

えっ???

 

Kochi??

 

高知???

 

なんでw

カタール航空社では有名なのだろうか?

ちなみに余談ではあるが、最初Fukuokaの表示より先にKochiは表示されていたw

 

さらに残り1時間を切った頃。

f:id:beppukannawa380:20180830095340j:image

Kanazawa、Toyama、Niigata、Honshu、Maebashi、Iwaki。

 

えっ???

 

まぁこのエリアで見るとKanazawa、Toyama、Niigataは分かるw

 

 Honshu????

どこ?

そんな地名あるの?

 

さらにMaebashi、Iwakiってw

なんで???

最後にこの理由を知りたかったw

イタリア旅行最大の疑問である。

 

サプライズ演出をしてくれたカタール航空のおかげで日本時間8月14日午後7時、無事に成田空港に到着。

 

まずは借りていたWi-Fiの返却をしなければならない。もともと第1ターミナルで借りたので第1ターミナルに返却するように案内はあったが、予定変更したため、第2ターミナルに到着した。

とりあえず第2ターミナルの返却口で対応してもらえないか行くと、全く問題なく受け取ってもらえた。

 

続いて帰りの高速バスの手配。

既に時間は7時半過ぎ。

午後8時20分、東京駅行きのバスが予約できた。

それまでかなり時間があるのでベンチでのんびりと休みバスを待つ。

 

バスの時間に乗り場まで行き、帰ってきて初めて日本の外気に触れたが、めちゃくちゃ暑いw

イタリアの方が圧倒的に良かったな(笑)

 

帰りのバスではほとんど寝ていた。

さすがに疲れがあったかな。

午後9時半ごろ東京駅に到着。

いよいよ帰ってきた感じがする。

ここからさらに乗り継いで自宅へ。

 

途中、あまりにもお腹が空いたので、久しぶりにラーメンを食べる。

よく行く一風堂

 

うまーーーーーい(笑)

やっぱり日本の食も最高だよ!(笑)

 

お腹も満たして、午後11時頃に無事に自宅に到着しました。

 

トラブルにも見舞われたこのイタリア旅行。

家に着くまでが旅行ですよとよく言われたものだが、これにて完結。