天使の羽を広げてとことん自由に裕福に幸せに生きよう!

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして中年男の人格形成に大きな影響を与えた清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。そしてそこから感じた全てを伝えたい。

2016.5.2 清春 TOUR 天使の詩 2016 追加公演『SOLOIST』恵比寿ガーデンホール

01.ナザリー

02.夢心地メロディー
03.EDEN
04.DIARY
05.ロラ
06.FUGITIVE
07.QUIET LIFE
08.瑠璃色
09.MELLOW
10.MOMENT
11.Masquerade
12.wednesday
13.confusion
14.LAW'S
15.ALIEN MASKED CREATURE
16.COME HOME


EN1
17.メゾピアノ
18.麗しき日々よ


EN2
19.2月
20.海岸線
21.JUDIE
22.SANDY
23.HAPPY


EN3
24.EMILY
25.あの詩を歌って

 

ライブの前に、4月2日に行われたSOLOISTの発売記念イベントの握手会に行ってきました。

握手会に行ったのは初めて。

場所は東京ドーム横のラクーア

最初はトークが行われていたのですが、ジェットコースターの音で聞こえづらくのんびり後ろで聞いてました。

 

そして握手会へと。
去年の黒夢アフパ以来のカリスマとの直接の触れ合いに超絶緊張したけど、何でもいいから喋ろうと思っていざ握手へ。


数秒だから躊躇してる場合でもないけど、

私『男ですいません!』
カリスマ『全然大丈夫です』
周りのスタッフさん爆笑wカリスマも失笑w
突然こんな事しか言えず、アホな事言ったかなあと思ったけど、カリスマと会話をできただけで満足でした。


ほんとカリスマ大好きなんだなあ。
そんな気持ちを感じながら過ごした時間でした。

ほんとにお疲れになられたと思いますが、最後まで笑顔で対応してくださっていたカリスマに本当に感謝です。
ありがとうございました。

 

そして、SOLOIST発売後のライブ。

恵比寿ガーデンホール。

のんびりと会場に入り後方で待機。

偶然、友達と会ったのでちょっと話ししてライブを待つ。

 

この日もセトリは今までと大体同じ。

しかし今回はCDを聞き込んでの参戦なので、歌詞もよく分かる。

壁に映るカリスマの影も印象的。

さらに会場も広いので前の方の一体感が良い景色として見られた。

 

途中、ツアーであんまやらなくなったFUGITIVEも披露!

やっぱりこれがなきゃね!

ちょっとテンポが早い気もしたけど相変わらず素晴らしい曲に満足。

 

そして後半のALIEN MASKED CREATUREでいよいよ前に突っ込む。

しかし、前の方スカスカw

こんなに余裕があったのね(笑)敢えて突っ込まなくても良かったw

この感じだとCOME HOMEの方が楽しいんだよね。

 

そしてラストに向けてせっかく前に行ったのでそのまま前でアンコールも見ることに。

 

アンコールではメゾピアノ、麗しき日々よとアルバムのクライマックスを迎える。

メゾピアノがいい感じの曲として、スッキリと耳に飛び込んでくるようになってたのはアルバム聞き込んでたおかげかな。

 

アンコール2回目ではなんと2月。

カリスマがお気に入りという気はしてるけど、まさかこのタイミングで披露されるとは。

 

海岸線も音源化されて初。

最初に披露された時から随分アレンジされました。感慨深いものがある。

 

そして、久しぶりに広い会場でのAre you HAPPY!

自然と笑顔になる。

もう10年以上も笑顔にしてくれる曲です。

 

ラストはEMILY、あの詩を歌って。

時計の針は23時前。

まじですか(笑)

結構押したからねw

 

アルバム発売前のツアーということで、歌詞が分かりづらいんだけど、新曲だらけのツアーというのは慣れっこなので、純粋に楽しめた。

そして成熟度を感じられるツアーでよかった。

 

この後、友達と合流して打ち上げをするのだが、なかなか会えず(笑)

しかもロッカーが閉まって荷物が取れないとか色々な事があって笑えた。

でっかい花火も打ち上げたり(笑)

 

 

SOLOIST [ 清春 ]

価格:2,693円
(2018/7/26 15:19時点)
感想(0件)