自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

人生を変えることができる

『嫌われる勇気』

この本を手に取ったのは、ホリエモンの本を読んでいた時に推奨されていた事がきっかけだった。

ホリエモンの本は非常に好きで何冊も読んでおり、そのホリエモンが推奨するという事で、すかさず購入した。

 

この本は、フロイトユングと並び、心理学の三大巨頭と称されるアドラーの思想を対話形式でまとめた一冊になります。

 

元々心理学に興味はあったわけだが、アドラー心理学

まさにこれからの時代に必要な思想だと思われる。ホリエモンが共感するのも納得でした。

 

これまで感覚で理解をし、実行してきたような事を心理学とした学ぶ事で、より一層理解が深まり、自分の行動が間違ってないことを確認することができる。

 

「とにかく行動することが正解。

自分の好きなように生きる。

ブレーキを踏み続ける自分にピリオドを打つ。」

今意識していることはこんな事だろうか。

 

アドラー心理学では、さらにこんな事を学んだ。

「自分が変わるだけで世界も、周りの人も変わる。さらには人生も変わっていく。

自分が変わろうと思えば、いつでも変われる。

逆に自分を変えるのは自分しかいない。」

 

様々な過去を抱えているのが我々人間である。過去の経験によって、現在、未来の結果が生まれると考えている。(原因論

以前はまさに私もこの思考だった。

 

しかしアドラー心理学においては、目的が先にあり、その目的のために結果が生まれていると考える。(目的論)

例を挙げると、「過去に虐待されたから、引きこもりになってしまった」(原因論

「本当は外に出たくなくて、その理由を作るために、引きこもりになっている」(目的論)

こんな感じだろうか。

 

この考え方からも、自分の目的さえ変えれば引きこもりから脱却することができるわけだ。

 

めちゃくちゃシンプルな考え方である。

 

今紹介したのはアドラー心理学のほんの一部ではあるが、これまでに無い考え方だったので紹介させてもらった。

 

これまでも様々な自己啓発書を読んできたが、とても興奮することが多く、自分を奮い立たせるきっかけになってきた。

しかし、どこか違和感もある。

それは感覚的に感じることが大半だったからだ。

つまり自分の感覚、感性に今ひとつ自信を持てずにいたからだ。

 

しかし、こうして学問としてアドラー心理学を学ぶことで、自分の感覚の根拠となるものを得ることができた。

 

この時から少しずつ自分が変わってきたのだろう。周りからよく言われるんです。

 

しかし、まだまだアドラー心理学を理解できたわけでは無い。

まだまだ哲人の領域には達していない。

 

ただ、確実に自分の目に映る世界に変化があった。

 

200万部の発行部数は伊達じゃ無い。

とにかく即読むべき!

 

 

嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]

価格:1,296円
(2018/9/22 13:20時点)
感想(36件)