自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2016.7.7 sads『IN AN ECSTACY』渋谷CLUB QUATTRO

01.HONEY

02.Hate
03.See A Pink Thin Cellophane
04.VENOM
05.Tell me what you lie
06.新曲
07.spin
08.GRAVE
09.ブレスレス
〜K-A-Zソロ〜
10.FREEZE
11.MAKING MOTHER FUCKER
12.ID POP
13.NIGHTMARE
14.WHITE HELL
15.AMARYLLIS


EN1
〜GOソロ〜
16.May I Stay
17.EVIL
18.Because


EN2
19.WASTED
20.WILD SIDE
21.Liberation


EN3
22.THANK YOU
23.CRACKER'S BABY

 

いよいよSADSの夏ツアーが始まりました。

前回の男限定ライブが凄すぎたので、まぁ通常運転かなっていう過度の期待もない平常心での参加でした。

 

安定のHONEY始まり。

東京は初っ端からダイバーも続出するけど、まぁ割と普通に盛り上がる(笑)

 

Hate、See A Pink Thin Cellophaneとお馴染みの流れ。See A Pink Thin Cellophaneはいつからだったか、アレンジ変わってラストがカッコ良い!

 

続いてはVENOM!

たまにやるけど、常連曲ではないのでちょっと盛り上がる(笑)

この日は新曲も披露された。

この曲はFALLINGに入ってるのかな?

ちょっとどんな曲だったか記憶にはないw

 

前半はspin、GRAVE、breathlessと続き、ギターソロへ。

やはり男限定のK-A-Zさんのソロコーナーも盛り上がり過ぎたので期待したけど、この日は通常通りのギターソロ。

 

後半はFREEZEから始まる。

この日は前半で体力ほぼ使ってないので、そろそろいくか!って感じでアドレナリンが分泌されてきた。

そして戦闘態勢完了!

 

MAKING MOTHER FUCKER!

男限定程ではないけど相変わらず東京はダイバー続出w自分も突っ込む。

ID POPではモッシュしまくってるやつもいる。

若干まわりにいた女の子が引いてたw

やっぱり女性がいるとセーブしてしまうよねw

自分はMMFで暴れて早速ブレイクw

NIGHTMAREでは男も女もグチャグチャになる。しかし個人的にはちょい控えめ(笑)

 

そんな感じでWHITE HELL。

割と体力余ってるので、むしろこの曲でおもいっきり身体を揺らす。

それも楽しいじゃないか!

ラストAMARYLLISは男限定みたいにサークルとかにはならなかったけど、ここ何年かの通常ライブではさらに激しくなった気がした。

男限定のおかげで、リミッターはずした男が増えたのかな。

 

アンコールではGOさんのドラムソロからのMay I Stay!

いいタイミング!

しかしこの直後EVIL、Becauseで飛ばしまくる。

やはり完全に落ち着いてはいられなかった。

本編ではかなり体力温存されてるのでアンコールはもはや暴走モード突入。

 

アンコール2回目のLiberationではモッシュピットにガチで突っ込む。

暴れ倒した。

続くTHANK YOUではWODの体制に。

カリスマが指折りしてのカウント。

まじで最高。

一気に爆発する会場。

そしてスペースに飛び込む。

クッソ楽しいよ。

過去最大級にTHANK YOUが激しくなった。

ちょっとラストのCRACKER'S BABYがかすんでしまうんじゃないの?ってくらいにw

 

とにかく後半おもいっきり楽しんだけど、全体的に男限定の影響か激しさを増したツアーの幕開け。セトリは大体同じだけど楽しみ方が変わってめちゃくちゃ楽しいぜ!

 

【中古】邦楽CD SADS / UNTITLED

価格:3,220円
(2018/7/31 11:45時点)
感想(0件)