自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2016.8.5 sads『IN AN ECSTACY』柏PALOOZA

01.HONEY

02.Hate
03.WEEKEND IN THE LUST
04.Tell me what you lie
05.ANDROGYNY INSANITY
06.spin
07.GRAVE
〜K-A-Zソロ〜
〜Master of Puppets〜
08.May I Stay
09.DISCO
10.FREEZE
11.MAKING MOTHER FUCKER
12.NIGHTMARE
13.WHITE HELL
14.AMARYLLIS


EN1
〜GOソロ〜
15.WASTED
16.Because


EN2
17.ID POP
18.DEPRAVITY DAY
19.Liberation


EN3
20.THANK YOU
21.CRACKER'S BABY

 

大阪、名古屋ととてつもなく楽しいライブから柏公演へ。

割と定番の柏PALOOZA。

この日も当然のような開演直前に会場に入る。

平日だったし途中で仕事抜けて行ったわけだけど、久しぶりに仕事抜けて行った気がして罪悪感も無かった気がする(笑)

 

ライブはHONEYから。

そして3曲目にしてWEENEND IN THE LUST。

この日も暴走モードにスイッチが入ってるのか、全体的に激しいw

しかし今回も暴れに来ただけの奴がいるような印象。ちょっと暴れづらいw

まぁもともとWEENEND IN THE LUSTは暴れるリズムが難しいなあとは思ってるけど。

 

そんなこともありつつ、この日はANDROGYNY INSANITYがめちゃくちゃ心地よい。

元々、大好きな曲。

この日は音にも若干問題あった気がするけど、この曲に関しては良かった印象。

 

K-A-Zさんのギターソロでは、Master of Puppetsも!

正直あんまり覚えてないのだけどw

それにしてもこの年のサッズのライブは結構記憶に残ってるんだけど、この柏公演についてはあまり記憶にないw

なんでだろw

その後も後半は大体いつもと同じだった。

終始暴れづらさのある感じがあったかな。

大阪、名古屋があまりにも良すぎたから、物足りなさを感じてるだけかもしれない。

 

アンコールも曲順は違えど、曲は大体同じ。

アンコール2ではDEPRAVITY DAY!

この曲を聞くと終わりを意識してしまう。

この時は、このツアーも残り1本で終わりかあとしか思ってなかったけど、2018年、本当にサッズも終わることになるとは…

また、この曲のリアルさを感じてしまうのだろうか。

 

最後、THANK YOU、CRACKER'S BABYといつも程ではないにしてもこの日の楽しみ方をして締めくくった。

 

不完全燃焼だけど、そんな日もあるわな。

いずれにしても次回はファイナル!

このツアー全通です!

【中古】邦楽CD SADS / UNTITLED

価格:3,220円
(2018/7/31 19:01時点)
感想(0件)