自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2016.12.11 清春『夜、カルメンの詩集』柏PALOOZA

01.新曲

02.新曲
03.新曲
04.JUDIE
05.EDEN
06.sari
07.瑠璃色
08.新曲(シャレード)
09.my love
10.Christmas
11.Masquerade
12.wednesday
13.lyrical
14.バラ色の夢
15.LAW'S
16.ALIEN MASKED CREATURE
17.COME HOME


EN1
18.MOMENT
19.confusion
20.星座の夜


EN2
21.SANDY
22.HAPPY


EN3
23.麗しき日々よ
24.EMILY
25.あの詩を歌って

 

前回の埼玉に続き柏公演。

清春は柏PALOOZAお気に入りだよね。

だいたいツアーに組み込まれてる気がする。

キャパ的にも場所的にも適正な箱ではあるのかな。

だいたいソールドアウトしてるし。

 

そんな柏公演。

もはや開演予定時刻に柏に到着して、それでも押してるので、マックで腹ごしらえする時間もあるw

30分後くらいに会場に着いて、割といい感じ。

しかし、満員なので始まるまでは外で待機w

 

始まってから中に入り、フラットな場所の最後方で見ることに。

だいたい見るポジションも決まってきている。

セットリストはだいたい同じ。

最初に新曲3曲が続く。

SOLOIST発売からまだ1年も経っていないので、SOLOISTの曲達も新鮮に感じる。

 

特に瑠璃色は絶妙なバランスの曲。

どの曲の流れにも柔軟に対応できる気がする。この曲は今後も重宝される曲かな。

このカルメンの流れでも全く浮いた印象もない。

 

さらにこの日はクリスマスも近いこともあり、ソロのクリスマスソングChristmasが披露される。この時期の定番。

敢えてやる必要もないとは思うけどw

その他は同じ曲かな。

 

この日はかなり集中して聞いており、このツアーをしっかりと味わうことができた。

新曲も日に日に成熟していく。

 

そん中、ALIEN MASKED CREATURE、COME HOMEを迎えるわけだが、盛り上がり方を忘れてしまってるのか、後ろで棒立ち状態でこの2曲を終えてしまったw

やはり前に行かないと感覚が分からないw

 

アンコールも定番の流れなのであるが、後ろで棒立ち(笑)

唯一HAPPYだけだろうか?

なんとなく身体が揺れたのがw

ノリ悪いおっさんみたいな状態だったんだろうなw

 

この辺りから少しずつソロライブの見方に困惑する状況が生まれ、何か自分の中でも違和感が生じている。

やはり環境の変化なのか?

 

しかし、確実に清春の音楽は必要なものであり、自分にとってカリスマである。

これは揺るぎない事実。

 

人生って色んなタイミングがあるよね。

夜、カルメンの詩集 (初回限定盤 CD+DVD) [ 清春 ]

価格:4,194円
(2018/8/16 02:16時点)
感想(0件)