自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2017.1.15 清春『CARMEN'S CHARADE IN DESPAIR』duo MUSIC EXCHANGE

01.赤の永遠

02.夜を、想う
03.アモーレ
04.JUDIE
05.garret
06.退廃ギャラリー
07.JUBILEE
08.シャレード
09.流星
10.Masquerade
11.ベロニカ
12.LAW'S
13.ALIEN MASKED CREATURE
14.COME HOME


EN
15.confusion
16.Tarantula
17.Feeling High & Satisfied
18.I know
19.EMILY
20.あの詩を歌って

 

2017年1本目のライブ!

カリスマで迎えることができました。

『夜、カルメンの詩集』と題されたツアーは2016年で終了し、2017年から『CARMEN'S CHARADE IN DESPAIR』と題された新しいツアーの始まりなのです。

この日はFC限定ライブで一応ツアー初日ではあるものの、内容としてはツアーとは別物。

FC限定はカリスマ自身もツアーの1公演という扱いはしてない事がよくある。

 

この日は珍しく整番通りに入り、割と良い位置をゲット!

しかし、上着を着てるという残念なスタイル(笑)あんま暑くならないかなという想定のもとでしたw

しかし、やはり前方は動かなくても熱気で暑かったwやはりライブは薄着で行かなきゃダメだと思い知った。

 

いつも通り赤の永遠からスタートするわけだが、この日はセトリも少し変えてきていて楽しかった。

久しぶりの流星もいい感じ。

清春のソロ曲っていい曲めっちゃ多いから、全編シングル曲のみとかのライブがあってもいいなあって思う。

ライブは割とさくさくと進んでいき、途中でダラけることも無かったと記憶している。

曲数も少なめにしてきて、ちょうどいい感じだと思った。

 

しかし、アンコールで得意のなが〜いMCが始まる。30分以上話してたはずw

ここで完全に腰が痛くなり始めた。

なが〜いMC後のconfusionは前回の横浜でカッコ良かったので楽しみにしてたけど、ダレてしまったので、もはや盛り上がりに欠けたw

立て続けに曲が披露されるんだけど、もう集中力も無くなってしまったw

 

あの詩を歌っての前にもMCがあり、EMILY、あの詩を歌っての流れもついに変化した。

EMILYが終わってから早めに帰れるように入口付近に移動する。

 

そうするとあの詩を歌ってが大きく変わっているw

ファンがラララ〜とか歌ってたのかな?

ツアーを通じて新しい形が芽生えていたことも知った。

今まで常にライブの変化はリアルに直面していたので、新しい形を作ることに参加できていないことに取り残された気分になりちょっと切なかったw

 

しかし新たな変化が生まれたことはとても嬉しい事で、これからのツアーで更に変わっていくことを期待したい。

 

 

 

夜、カルメンの詩集 (初回限定盤 CD+DVD) [ 清春 ]

価格:4,194円
(2018/8/16 02:16時点)
感想(0件)