自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2017.2.26 清春『CARMEN'S CHARADE IN DESPAIR』新宿ReNY

01.赤の永遠

02.夜を、想う
03.アモーレ
04.JUDIE
05.新曲
06.新曲
07.新曲
08.新曲
09.新曲
10.シャレード
11.Masquerade
12.wednesday
13.20th century boy
14.バラ色の夢
15.ALIEN MASKED CREATURE
16.COME HOME


EN1
17.新曲
18.MOMENT
19.confusion
20.HAPPY


EN2
21.アロン
22.EMILY
23.あの詩を歌って

 

さぁ2017年からのツアー、実はこの日がファイナルw

ツアー初日はFC限定だったので、実質1本目。

 

とにかくどんなツアーだったのかを見るために会場へ行ったのだが、開演直前のため安定の最後方へw

赤の永遠から始まるのは変わらず。

しかし、これまで夜を、想うとアモーレ、シャレードだけだった新曲が増えている。

おそらくニューアルバムの曲のほとんどが披露されたのだろう。

残念ながら覚えてはないw

 

後半はいつも通りにMasqueradeやWednesdayなどをやって、ALIEN MASKED CREATURE、COME HOMEで締めるおきまりパターン。

この日は特に前にも行かず同じポジションで見ていた。それでも気持ち的には前のめりになるほど、いい感じだった。

全体的に落ち着きのあるいいライブだったかな。

また、カリスマが髪を切っていてさらにカッコ良いわけで。

 

アンコールでは新曲が披露される。

これは、貴方になってかなあ?

ツイッターとかで、貴方になっては名曲みたいな話が出ていたので、もしかしたらこの時点でやっているかもしれない。

しかし確かな記憶はないw

 confusionは相変わらずGOさんのドラムが良くて、その流れからのHAPPYは本当に良い!

2曲とも曲調が明るいので気持ちも明るくなる。

 

2回目のアンコールではアロン。

アコースティック的な感じだったかな?

ここでアロンを持ってくる意味ってなんだったんだろう?

ツアーに参加してればそれも理解できたのかもしれないけど。

最後はあの詩を歌ってのニューバージョン的な感じだった。

新曲が増えてもはやアルバム完成間近のように思えていたけど、確か完成したのってまだ1年くらい先だったかなw

アルバム完成の1年前にツアーを終えてしまうってのがある意味すごいw

 

やはりツアーはある程度参加してきてこそわかる事が多いし、感じる事が多い。

少なくとも2回は行かないとねw

 

しかし、ここから人生が一変していくことで明らかにライブにいく回数が減っていくのである。

 

 

夜、カルメンの詩集 (初回限定盤 CD+DVD) [ 清春 ]

価格:4,194円
(2018/8/16 02:16時点)
感想(0件)