自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2018.11.27 sads『FALLING』Chapter3 TOKYO 7 DAYS 下北沢GARDEN

01.freely

02.gone

03.DISCO

04.The Life Beyond Desperation

05.ロザリオと薔薇

06.Spider

 K-A-Zギターソロ

07.FREEZE

08.MAKING  MOTHER FUCKER

09.NIGHTMARE

10.Nancy

11.HONEY

12.Crisis

13.LIAR

14.TRIPPER

 

EN

15.Liberation

16.SANDY

17.ID POP

18.THANK  YOU

 

今日は6本目。そしてギターのK-A-Zさんの誕生日。

実質アットホームなライブは最後という日。

そしてカリスマにとっては初めての下北沢GARDEN。

個人的には以前K-A-Zさんのインストツアーで来て以来。

 

下北沢の駅から徒歩3分ほどで着くのだが、2018年11月現在、下北沢駅は工事中で一番近い南西口が塞がれていた。

会場は地下1階にあり、地下2階にロッカーとクロークがあった。

ロッカーは300円の小さいのが100個くらい?

クロークは500円。

グッズ販売も地下2階でやっていた。

後で気が付いたが、会場内にもいくつかロッカーはあった。

 

相変わらず19時過ぎに会場に入ったが、この日は準備も順調に進んでいるようで19時半に開演した。(それでも30分押し)

 

SEは往年のもの。

そして1曲目はfreely。

続けてgoneと新曲が続く。

さらにはDISCO。

ここまでは初日と同じ流れ。珍しい曲がくるのか期待を寄せる。

次にThe Life Beyond Desperation。

渋谷以来かな?

もう2度とやらない部類の曲じゃなかったのかな(笑)

でもこれが最後かな。

 

次にロザリオと薔薇。

薔薇神からの選曲だったので、まさかのRezynaを期待してしまったが、次はなんとSpider!

絶対やらないだろうと思ってたのに。

カリスマもやる前にこの曲か、やだなぁ~って言ってたw

 

そしてK-A-Zさんのギターソロへ。

いつものギターとは別に2本のギターがステージに並んでいた。

アコギもあり、スパニッシュ風の演奏もあり、K-A-Zさんの新しいテクニックを見れた。

そして、メンバー登場してからK-A-ZさんのHappy Birthday!

カリスマがケーキを持って登場。

そしてHappy Birthdayを歌う。

これがまたうまいんだw

 

和やかなお祝いムードの中、後半1発目はFREEZE!

これも久しぶり。

ここまで後ろでまったりしていたが、次はMMFだろうから、ここで前に行かなきゃまたダラダラで終わってしまうと思い、一気に突っ込む。

MAKING MOTHER FUCKER、NIGHTMARE。

しかしダイブ禁止ということもあったのか、いまいち盛り上がりに欠けるw

 

続けてNancy!これは新宿の時にまったり聞いてたので、前で聞けて良かった。

ちょっとモッシュ発生してたけど、ほんとに数名w

 

いつも暴れてる人も微妙な空気をさとったのか次のHONEYからおとなしくなった(笑)

そしてCrisis!これも前回の新宿の時にのんびりしてたので嬉しかったな。

 

この流れでLIAR、TRIPPER!

TRIPPERは最後までやり続けた!

むしろこれもびっくり。

20年近く前に感じたロックンロールが新しい形でよみがえった。

当時とは違うカッコよさでカリスマは健在だった。

 

そしてアンコール。

GOさんのドラムソロからのLiberation!

最後だ!

もう気合入れてた。

頭ふりまくり、SANDY、ID POPで体揺らして

ラストのTHANK YOUへ!

 

小さい箱はこれで最後。

まぁ仕方ないとはいえ、ちょっと残念なこともあり、何とも言えないw

 

しかし品川。

本当に最後。

自分なりに「狂え死ぬる夜まで」

この言葉を掲げて全力で臨む。

最初から最後まで見届けるバンドは自分にとってはsadsしかない。

1999年からの想いを全てぶつけさせてもらいます。

 

f:id:beppukannawa380:20181128105510j:image