自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2018.5.3 清春『LYRIC IN SCARLET』EX THATER 六本木

01.悲歌

02.赤の永遠
03.アモーレ
04.罪滅ぼし野ばら
05.シャレード
06.瑠璃色
07.ever
08.TWILIGHT
09.三日月
10.ベロニカ
11.眠れる天使
12.美学


EN1
13.MOMENT
14.星座の夜


EN2
15.貴方になって
16.Masquerade
17.ゲルニカ
18.忘却の空
19.少年


EN3
20.SANDY
21.HAPPY

 

 

えっ???

 

どんだけ??

 

びっくりです。

 

カリスマのライブは2017年のサッズ以来10ヶ月ぶり。ソロに至っては1年3ヶ月ぶり。

こんな事は今までに無かったなあ。

 

そんな状況なので、当然今ツアー初参戦です。

ツアー中も特に情報は仕入れてないので、内容も全く知らない。

ツアー初日のようなものです。

 

この日も相変わらず開場時刻には行かず、開演時刻から逆算して入る。

とは言うものの、大幅に開場も押していたので、開演予定時間過ぎてから入ったw

 

ツアー中に赤の永遠がシングルとして売られていたり、この日はwandererが発売されたりしているので物販に並ぶ。

開演がせまってるというのに結構な人が並んでる。

CD買う人が多いのかな。

 

しばらく並んでいたわけだが、無事に購入できた。荷物をロッカーに入れ、この日も最後方に陣取る。

入って数分後、いよいよ開演。

50分くらい押したかな?

 

ゆったりとカリスマが登場。

妖艶な姿。

安定のカリスマぷり。

次回からは少し前で見ようかな。

 

アルバム通り悲歌で始まる。

初めて聞く歌が多いので、じっくりと味わうことにしている。

罪滅ぼし野ばらも初めて。

夜を、想うはやらなかったなw

 

そして次のシャレード。

これ何分あったんだろう?

めちゃくちゃ長かった。

演奏途中にカリスマが一旦下がり、バンドメンバーだけのステージが続いていた。

これもツアー中からなのかな?

かなり疲れた(笑)

 

そして再びカリスマがステージに戻り、少しシャレードが続き、瑠璃色へ。

いいねえ。

やっぱり馴染んでると楽しい。

さらにever!

 

まじですか!!!

 

ちょっとこれは嬉しかった。

かなり好きな曲だし、バンド形態でも久しぶりに聞いたよ。

まぁライブ自体が久しぶりすぎるしねw

 

さらに新曲のTWILIGHT、三日月。

あまり聞き込んでないから、情景さえも思い出せない苦悩を書きながら抱えてしまうw

どんな曲か思い出せないw

ヤバイなw

 

ベロニカをはさんで眠れる天使。

この曲で少し盛り上がりを見せたかな。

いい曲。

 

そしてラストは美学!

圧倒的だった。

まさにカリスマ!

カリスマの美学!

VINNY  BEACHの時の、この孤独な景色を与えたまへレベルで凄かった。

 

COME HOMEもALIEN MASKED CREATUREもないソロなんて久しぶりだ。

 

アンコールではMOMENT、星座の夜と定番の曲。

 

しかし油断してたら2回目のアンコールでは、貴方になってのあとに、Masquerade、ゲルニカ、忘却の空、少年と!

 

まさかだった。

ツアー中からやってたのかな?

聞けたことの喜びよりも、何で???って気持ちの方が大きかったかな(笑)

 

そして最後のアンコールはSANDY、HAPPY。

これにもびっくり。

これで締めなんて!

あの詩を歌っての無いライブなんてあまり記憶にないよ。

 

これもツアー中から?

 

やはり1本しか行ってないと気になることがありすぎるw

これからソロが中心になっていくし、ライブを見る姿勢も以前のように戻していく必要があるかもなあ。

 

マンネリ化してたライブも新鮮な気持ちで見ることができた。

もっとカルメン聞き込んでおこう!

 

カリスマが本来のカリスマ性を発揮するのはソロなのだろう。

 

 

 

 

 

 

夜、カルメンの詩集 (初回限定盤 CD+DVD) [ 清春 ]

価格:4,194円
(2018/8/16 02:29時点)
感想(0件)