自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

自分と本当に向き合うこと

前回の更新からだいぶ日が経ってしまった。ここしばらく仕事に忙殺される日々。

しかも連絡などはスマホなので、休めるときにスマホを触るのも嫌だった。

そんなわけでブログも久しぶり。

 

あまりにもやる事が多すぎて仕事が嫌になってました。もしかしたら少しメンタルやられてるんじゃないかとも思いました。

こんな経験初めてです。

 

そんなわけでちょっと自分の事を考えてみた。

僕自身が掲げる自分の理想の姿は、人の役に立つために奮闘したり、講演したりしてる姿だった。

とはいえ、何を行い、何を語ってるかは具体的ではない。

ただ、人の役に立つという事のみだった。

しかし、あまりにも漠然としすぎていたので、最近はそれが本当にありたい姿なのかと疑問を抱いてしまったのだ。

 

以前PDCAの事を書いたが、目的を決めるために、自分のやりたい事や自分のありたい姿をできるできない問わずに書いていくということから始めると書いた。

自分ができるできないとか関係なくである。

 

そもそも自分のやりたい事って何だろう?と考えると正直あまりよく分からない。

本当に好きな事って何だろう?と考えても、本当に好きかどうか判断する基準も分からない。

 

そんな中、ワクワクしたり、無意識的に行動したり、居ても立っても居られなくなったりした事が、自分が本当にやりたい事なんじゃないかと思った。

そこで色々と過去を思い出してみた。

 

小さい頃、誕生日やクリスマスの前日はとてもワクワクしていた。本当に楽しみだったんだろう。

早く明日になってほしいという衝動にかられまくっていた。

めちゃくちゃ楽しみにしていた事だ。

これって誕生日やクリスマスが好きだったのかな?

誕生日やクリスマスは、ちょっと特別なご飯やケーキを食べたり、プレゼントを貰えたりしていたので、それが楽しみだったんではないか。

つまり日常と違う日。

 

ただ、妹の誕生日や家族の誕生日の時も自分にプレゼントはないが特別なご飯やケーキは食べていた。とはいえ、別に自分はワクワクしない。

とすると、プレゼントを貰えるから楽しみだったのか?

 

じゃあ今でも誕生日やクリスマスは楽しみなのか?

誕生日はちょっと楽しみ。

クリスマスは特に楽しくない。

 

この違いって何だろう?

 

ふと思った。

 

誕生日=自分が主役

クリスマス≠自分が主役

ただ、小さい頃のクリスマスは親が自分に何かしてくれるから、自分が主役と思っていた。

 

つまり、自分が主役だったから好きだった。

 

こうやって考えると思い当たる事が他にもある。

大学の時、サークルでソフトボールをやっていたが、大きな大会の前はとてもワクワクしていた。

小学校、中学校も野球をやっていたが、正直あまりワクワクしなかった。

 

この違いは何なのか?

まず、勝敗について勝つ事を義務的に思うか思わないか。

ミスする事を恐れるか恐れないか。

そして、自分がチームの中心であるか否か。

 

こんなとこだろう。

 

今でもそうだが、ドラクエをやり始めると止まらない。寝る時間を削ってでもやってしまう。

クリアする事が目的だから、その目的を達成するためにやり込んでしまうと思っていた。

しかし、いまふと思う。

ドラクエって自分が主役だからではないか?

主人公に自分の名前つけてプレイするのは自分が主役でいたいから。

 

他にも思いあたることはある。

身近な事で言うと、普段、飲み会はあまり好きではないが、自分が主催する飲み会は楽しい。

自分が主催で中心だから。

 

つまり自分が主役として行う事が好きなんだろう。

その時に興味があって自分が主役としてできる事をどんどんやっていくことが、今の自分にとって自然体な気がしてる。

 

人のために!

もちろんこれは、自分の目的ではありたいが、その前にまずは自分が主役として楽しく生きていくフィールドに立つことを目指してみよう。

 

シンプルに自分が主役になるって、ちょっとした行動や考え方を変えるだけでできそうだから、今から実践してみよう。

 

こんな事を思う数日でした。