自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2019.3.29 Aldious 『EVOKE』〜Prologue〜 表参道GROUND

Vo.SAKI

01.We Are

02.夜桜

03.Eternal Delusion

04.モノクローム

05.Other World

06.Bind

07.Dominator

〜Instrumental〜

Vo.RIN

08.Utopia

09.Spilit Black

10.die for you

11.Sweet Temptation

12.Absolute

13.Eversince

14.White Crow

 

EN

Vo.SAKI & RIN

15.Re:fire

 

2週間程前だったかな?

突然の告知。

ファンクラブ限定のライブ。

 

2018年12月をもってRe:NOが脱退した。しかしアルディアスは2019年も全国ツアーを発表。

ゲストヴォーカルを迎え、ツアーを回るというなかなか日本では珍しい形態ではないだろうか?

各公演ごとに2人のヴォーカルのどちらかが出演するという形式。

そしてそのヴォーカルとは、SAKIとRIN。

SAKIはAldiousの妹分的なバンドのCyntiaというバンドのヴォーカルだったらしい。

1988年高知県出身の現在30歳のようです。

youtubeで調べても結構動画が出てきます。

 

RINについて調べてみると、「Gemie」という名義でも活動しているとのこと。

プロフィールを発見。

1994年、愛媛県松山市出身の24歳。

フィリピンと日本のハーフとのこと。

言われてみるとなんとなく分かるかも。

テレビにもカラオケバトルとか出てたみたい。

 

 

そしてこの日はこの2人のヴォーカルが揃ってステージに立つという、今年のツアーのお披露目会的なライブだという。

 

初めて見る2人だったので、バンドとの相性はどうなのか非常に気になっていた。

それ以外にもやっぱり女性バンドだから容姿も声も自分にとってはかなり重要。

 

さて今回は、整理番号は現地でのくじ引き。

350人くらいのキャパのとこで、なんと整理番号が300番超えw

もう絶望w

完全に前に行くのは無理。

 

予想通り中に入るとかなり後方。

この箱は横が狭くて縦長なのです。

仕方なく後ろでじっくり見ることにした。

 

ほぼ定刻で客電が落ちメンバー登場!

いきなりの衝撃。

Marinaの衣装が最高すぎて。見えづらかったけど、とにかく最高なのよ。

さらにトッキーはピンクはいつも通りだけど、ジャケット着てる。

サワポはいつもよりロリータって感じではなかったような?

そして1番びっくりしたのはよっしー。

白のパンツに白のトップスでヘソ出し。

めちゃくちゃかっこいい。

後からMCで言ってたけど、ドレスはやめたらしい。

タイミング的にちょうど良かったのかな。

 

さぁそして、メンバーが揃ったところでWe Areのイントロ。

そして登場したのはSAKI。

服装は黒のブラウスにプリーツのスカートだったのかな?

割とお嬢さんぽい感じ(笑)

 

そして歌声は?

最初だからまだ聞き慣れないけど、声はよく出てるし歌はうまい印象。

別に比較するわけではないけど、まだRe:NOの残像も残っていて重なる。

 

続いて大好きな夜桜。

とりあえず細かいことは置いといて楽しもう!

後ろでちょっと控えめにヘドバンも(笑)

煽りとかこれからのライブでどう変わっていくかな。ヴォーカルが変わったバンドのライブって初めてだから、不安と期待それぞれあるのが分かった。

 

不安としては、やはりぎこちなさ。

これは最初だから仕方ない。

ただ、そのぎこちなさが期待にも繋がる。これからどう変わっていって、新しいAldiousを見せてくれるのか。

 

次の曲はEternal Delusion。

じっくり各メンバー見てると、よっしーのヘドバンがすごい!

トッキーより頭ぶん回してる感じ。

ここまで激しいよっしーは初めて見た。

リーダーとしての責任感かな。

それを感じてステージに立ってるんじゃないかと思って感動した。

 

続いてはモノクローム。

これは初披露。Re:NO最後の曲だけど、全く馴染みもないので、割と入ってきやすかったかな。

 

さらにOther World。

なんとも珍しい曲を。結構忘れてしまってたよ。

SAKIがどんなヴォーカルかは分からないけど、彼女の声や得意そうな曲をセレクトしたのかなあと思ったりした。

そうだとしたら、少し違うかもって思った。

 

しかし、そんな思いは次の曲で吹っ飛んだ。

Bind。

最高だった。

メタルシャウトまじすごかったよ。

RAMI時代も知らないし、Re:NOも歌ってない曲だから先入観なく聴けたというのもあるだろうけど、ホントに良かった。

ちなみにRaglaiaのライブでRAMIの歌うBindは聞いたことある。

かなりテンションあがって一気にSAKIいいじゃん!って感じ。

 

そしてラストはDominator。

声にめちゃくちゃ迫力あるし最高!

めちゃくちゃ前行きたかった。

結果的にSAKIに対してかなり期待できる事が分かった。

 

インストをはさみ後半戦。

Utopiaのイントロが始まり、RIN登場!

これまたいいじゃない!

声がめっちゃ出てる。

Utopia大好きな曲だから安心した。

 

そして、この日1番の衝撃とも言えるSpilit Black!

すごすぎた!

メタル全く分からないと言ってたけど、RINのシャウトも強烈。

完全に持っていかれた。

 

続いてdie for you。

これについては、完全にRe:NOの声が響いてしまって、申し訳ないことに集中できなかった。

新しいメンバーって本当に大変だろうなあ。

でも、こういう曲を自分のものにしてほしいという期待がある。

 

次はSweet Temptation。

ラストのシャウトも凄かった。びっくりの連続が続く中さらにレア曲が。

 

Eversince。

初めて聞いたよ。どうやら7年ぶり。しかも封印しようと思ってたと。

これまたヴォーカルが映える。

RINすごい!

 

そしてラストはWhite Crow。

申し訳ない。

Re:NOのラストを思い出してしまった。

とはいえ今日の2人のヴォーカルを見たら、新しいアルディアスとして、「今」のアルディアスに熱中できる日も遠くないなあって感じた。

 

さぁ、そしてアンコール。

最初で最後?

ツインヴォーカルでのRe:fire!

すっげー気合い入った!

 

全体を通しての感想。

全く心配ない!

歌は完璧!

パフォーマンスは慣れが必要だけど、それは時間が解決してくれるはず。

つまり、不安より期待の方が大きい!

それを感じさせてくれるPrologue。

 

ツアー気合い入れて行きます!

 

f:id:beppukannawa380:20190330094930j:image