自由で幸せになりたいロックな中年男の人生

時代に沿わない「常識」を天使の羽で破壊せよ!中年男の日常そして大好きな清春(黒夢、sads)、X JAPANを始めとするライブレポ。生きることは幸せである、生きることは自由であることを伝えたい。

2019.6.27 清春『Covers』ヒューリックホール東京

01.傘がない

02.悲しみジョニー

03.TWILIGHT

04.三日月

05.瑠璃色

06.SAKURA

07.やさしいキスをして

08.影絵

09.ゲルニカ

10.MOON

11.FUGITIVE

12.Masquerade

13.EMILY

 

EN1

14.接吻

15.MELODIES

16.HORIZON

 

EN2

17.MOMENT

18.heavenly

19.ミザリー

 

4月のFC以来のカリスマライブ。

前回、スタンディングのライブは身体に影響が出る可能性を感じ、しばらく自粛することにしていた。

今回はホールでelegy的なライブかなと思っていたのでチケット取った。

 

ヒューリックホール東京。

有楽町の阪急メンズ館の11階にある会場。

19時の開演時間少し前に着いたけど、会場かなり良い!

しかも椅子の座り心地も良い!

まったり曲を楽しむ準備は万端。

 

ステージでは普通に楽器隊のセットが組まれていた。通常のライブなのかな?

ツイッターでも座ってみるのか、立ってみるのかどっち???

って話題になってた。

絶対座ってみたい!

 

そして19時25分頃カリスマ登場。

ゆったりとしたSEの中、全員着席の状態でお出迎え。

そして1曲目は井上陽水の傘がない。

もうかなり昔からちょこちょこやってる曲なので馴染んでる。

久しぶりにじっくり聞けるライブだったので、1曲目から満足度が高い。

 

そして、UAの悲しみジョニー。

圧巻の一言。

アルバムにこの曲の収録が発表されてから、間違いなくカリスマに合う!と思った。

その後、PVも公開されていたので、生で聴くのが余計に楽しみになった。

この気持ち久しぶりに感じた。

 

Coversの中から続けて披露されたところで、MCが。

なんと今日のライブは通常ライブだとw

しかも清春自ら立つように指示w

冗談なのか本気なのか分からない会場w

おどおどしながら周りを気にする人多数。

 

しかし冗談ではなく本気だったぽい。

そして全員立つw

 

いやw

俺は無理w

しばらく座ったままの状態でいたけど、流石に見えないw

とはいえ立つと体調悪くなっても嫌だし。

 

そこで椅子をたたんで、たたんだ状態で座ることに。

ちょっと視界は悪いが周りは女子が多く周りの女子の高さと俺の座高はそんなに大差ない。

これだな!

自分のスタンスは決まった。

 

終始この状態で観戦。

 

そして始まったのがTWILIGHT、三日月とカルメン収録曲が続く。

ここ数年、ライブに行く本数が減ってるので、カルメン収録曲は自分の中では定番化してない。

最近のセトリどんな感じなんだろう。

 

続いては瑠璃色。

SOLOIST収録曲。

今の雰囲気には合う。

久しぶりに堪能できた。

 

ここから再びカバー。

いきものがかりのSAKURA。

聞いたことはあるのでなんとなく分かる。

カリスマかなり高音でらしいなって感じ。

カリスマ色。

 

そして楽しみにしていたドリカムのやさしいキスをして。

まじでカリスマ!

なんとなく想像してた感じなのがまた嬉しい(笑)

女性ヴォーカルの曲歌わせてこんなに聴きたくなるのはカリスマならでは。

 

圧巻のカバー後は影絵。

昔とアレンジも違って、カリスマの得意な感じ。もう14年前の曲。

カリスマの中では長く歌い続けられる曲であることを感じる。

 

そして、影を連想させるかのようにゲルニカ。

優しいアレンジ。

黒夢のイメージとは全く異なるアーティスト清春としてのゲルニカ。

 

続いてカバーでレベッカのMOON。

初めて聞いたのでよく分からなかった(笑)

 

さあそして残り3曲と言い始まったのはFUGITIVE。

最高です。

できればelegyでゆっくりじっくり聞きたい。

初めて渋谷のマウントレーニアでこの曲聞いた時の幸福感はたまらなかったから。

 

本編ラストはMasquerade、EMILY。

安定。

ちなみにEMILYからはもう15年経ってます。

 

アンコールでは、ドラムのFuyuがアコースティックギター持ってカリスマと2人だけで登場。

そしてORIGINAL LOVEの接吻。

この曲もめちゃくちゃ楽しみにしてた。

想像してたのはめちゃくちゃディープな感じだったんだけど、想像以上に爽やかだった(笑)

 

Coversの中から5曲だったけど発売がかなり楽しみになったのは事実。

 

再びメンバー登場して、MELODIES、HORIZON。往年の名曲。

たまりません。

 

アンコール2回目はMOMENTから。

定番化したね。

 

そしてラスト2曲。

heavenly。

なるほど。

ちょいちょいやってたけど、ソロで定番化するのかな。

 

そしてラストはミザリー。

こういう曲が演奏されることで清春を感じることができる。

そして歴史の重さも。

 

長く1人のアーティストを見続けるって素敵な事。

何より長くやり続けてくれてるから。

 

Coversはあと3本あるけど残念ながら今回のみ。

 

行けるライブの数は減ってるけど、やっぱり俺はカリスマ好き。